【ホットロッドショー15】ハーレー&BMWがカスタムを披露…カルチャーと共存し、後押しする

モーターサイクル エンタメ・イベント

ヨコハマホットロッド カスタムショー2015
  • ヨコハマホットロッド カスタムショー2015
  • ヨコハマホットロッド カスタムショー2015
  • ヨコハマホットロッド カスタムショー2015
  • ヨコハマホットロッド カスタムショー2015
  • ヨコハマホットロッド カスタムショー2015
  • ヨコハマホットロッド カスタムショー2015
  • ヨコハマホットロッド カスタムショー2015
  • ヨコハマホットロッド カスタムショー2015
パシフィコ横浜展示ホール(神奈川県横浜市)では12月6日、今年で24回目となる「ヨコハマホットロッド カスタムショー2015」がおこなわれ、多くの来場者で賑わった。

アメリカ西海岸に端を発するクルマ&バイクのカスタムカルチャーはここ日本でも定着し、いまでは逆にアメリカあるいはヨーロッパのカスタムシーンにも影響を与えるほど成長し、成熟している。

一昔前なら、モーターサイクルメーカーも一定の距離を置いていたが、盛り上がりを見え過熱化するいま、このイベントに大きなブースを展開してきた。BMWモトラッドは前回から、ハーレーダビッドソンは今年からだ。

会場に足を運んだカスタムバイクファンは「メーカーのブースといえば、モーターショーなどにあるもので、こういったカスタムショーではこれまでは見かけなかった。内容もカスタムバイクばかりで、ファンの心をつかむものだったと思う」と、好評だった。

ハーレーダビッドソンジャパンの担当者はこう言う。

「こうして今年からブースを展開することになりましたが、カスタムは我々のDNAであり、ずっとこうしたカスタムシーンに我々は存在してきましたし、これからもカスタムシーンを後押ししていきたいと思っています」

ハーレーもBMW モトラッドも、日本の有名カスタムビルダーや正規ディーラーらがつくった渾身のバイクをディスプレイ。カスタムファンたちの目を楽しませていた。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

    料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

  2. 「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

    「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

  3. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  4. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  5. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

  6. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…元MotoGPチャンプ加入、MuSASHi RT HARC-PRO.

  7. 「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

  8. パワーパーツで自分色に…46worksがKTMカスタムの理想型を提案

  9. 対象台数増やし、8月末日まで期間延長...二輪車ETCの車載器購入助成

  10. 日本無線、GPS付き二輪車用ETC2.0車載器を発売…防水性向上

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら