ポルシェ、新型スポーツカーでEV市場に参入

エコカー EV

ポルシェ ミッションE
  • ポルシェ ミッションE
  • ポルシェ ミッションE
  • ポルシェ ミッションE
  • ポルシェ ミッションE
  • ポルシェ ミッションE
  • ポルシェ ミッションE
ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェが、同社初となるEV(電気自動車)を市販することが分かった。

これは12月4日、ポルシェのドイツ本社が明らかにしたもの。「同社の取締役会が、『ミッションE』プロジェクトの市販化を承認した」と発表している。

ミッションEとは9月、フランクフルトモーターショー15で初公開されたコンセプトカーを指す。ミッションEは、4シーターのEVスポーツカーを提案したコンセプトカー。二次電池は、リチウムイオンバッテリー。1回の充電で最大500km以上を走行できる。およそ80%の容量なら、バッテリーの充電は約15分で済む。

モーターは、最大出力600ps以上を発生。このパワーが4輪に伝達される4WDとなる。2015年のルマン24時間耐久レースを制した『919ハイブリッド』の技術を応用した「PMSM」は、2個のモーターを搭載。ポルシェのトルクベクタリングにより、4輪に最適な駆動力を配分する。この結果、ミッションEは、0-100km/h加速3.5秒以下、0-200km/h加速12秒以下と、ポルシェのEVスポーツカーに相応しい性能を発揮する。

12月4日、ポルシェ取締役会は、このミッションEプロジェクトの市販化を承認。ポルシェ初の市販EVは、2020年までに登場する予定。ポルシェ取締役のオリバー・ブルーメ会長は、「我々は電動モビリティに、断固として挑戦する。EVであっても、ポルシェはセグメントにおいて、最もスポーティかつ技術的に洗練された車を顧客に提供していく」と述べている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品