東京~新函館北斗間は最短4時間2分に…北海道新幹線の所要時間

鉄道 企業動向

JR北海道とJR東日本の2社は12月3日、北海道新幹線新青森(青森市)~新函館北斗(北海道北斗市)間の所要時間を発表した。

北海道新幹線は、青森市から札幌市を経て旭川市までを結ぶ新幹線鉄道の建設線。このうち新青森~札幌間で工事に着手しており、2016年3月26日には新青森~新函館北斗間が部分開業する予定だ。

運行本数は今年9月に発表されており、東北新幹線から直通する東京~新函館北斗間の『はやぶさ』が10往復を占める。このほか、仙台~新函館北斗間の『はやぶさ』1往復と盛岡~新函館北斗間の『はやて』1往復、新青森~新函館北斗間の『はやて』1往復が運行される。

今回の発表によると、新青森~新函館北斗間の所要時間は、最も速い列車で1時間1分。東北新幹線からの直通を含む東京~新函館北斗間は、最短で4時間2分になる。新函館北斗駅から函館駅までの在来線アクセスを含めた場合、東京~函館間の所要時間は4時間20分程度になるとみられる。

東京~函館間の現在の所要時間は、東北新幹線『はやぶさ』と在来線特急『スーパー白鳥』の乗継ぎで最短5時間22分。飛行機を利用すると、東京国際空港(羽田空港)~函館空港間が1時間20分で、東京・函館両駅から空港までのアクセスを含めれば3時間前後になる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

    JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

  2. JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

    JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

  3. 東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

    東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

  4. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

  5. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  6. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  7. JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

  8. JR四国、旧国鉄121系電車をリニューアル…CFRP台車「efWING」導入

  9. 阿武隈急行の旧国鉄電車、5月28日にラストラン

  10. 東武鉄道、岩槻駅の橋上化が完成…5月31日使用開始

アクセスランキングをもっと見る