シグナス補給船運用4号機がアトラスVロケット打ち上げ…12月4日

宇宙 テクノロジー

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、オービタル・サイエンシズが12月4日午前7時55分(日本時間)、米国フロリダ州ケープカナベラル空軍基地からシグナス補給船運用4号機(OA-4)を打ち上げると発表した。

シグナス補給船運用4号機(OA-4)ミッションは、シグナス補給船を打ち上げ、国際宇宙ステーション(ISS)の「ユニティ」(第1結合部)に結合させ、物資を補給するフライト。

OA-4ミッションは、2014年10月29日に打ち上げ失敗したOrb-3ミッション以来の飛行再開フライトとなる。Orb-3を搭載したアンタレスロケットが打ち上げに失敗したことから、今回は米国で打ち上げ実績のあるユナイテッド・ランチ・アライアンス(ULA)のアトラスVロケットで打ち上げる。

打ち上げ射点も、アンタレスロケットで使用していたバージニア州NASAワロップス飛行施設ではなく、フロリダ州ケープカナベラル空軍基地の射点を使用する。

シグナス補給船のISSへのランデブ・結合方法には、日本が開発した宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)と同じ方式が採用されている。ISSに接近したシグナス補給船は、「きぼう」日本実験棟船内実験室に搭載されている近傍通信システム(PROX)を介してISSとデータ通信する。

JAXAは、OA-4のISSへの接近やISSからの離脱時、PROXの稼働状況を確認し、PROXの動作を確実に保つことによりOA-4の運用を支援する。

OA-4ミッションでは、食糧やクルーへの支給品、システム関連機器、実験関連機器などをISSに輸送する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

    JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  2. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

    「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  3. au×HAKUTO、世界初の民間月面探査にチャレンジ…親子向け特別プログラムで紹介

    au×HAKUTO、世界初の民間月面探査にチャレンジ…親子向け特別プログラムで紹介

  4. X線天文衛星「ASTRO-H」、2016年2月12日打ち上げへ

  5. 静岡大学、ISS「きぼう」日本実験棟から放出する超小型衛星を開発…今夏以降に打ち上げ

  6. JAXA、宇宙で長期飼育されたメダカで遺伝子に及ぼす影響が明らかに

  7. ISSの油井宇宙飛行士、全国7カ所の科学館と衛星回線による交信イベントを開催

  8. 大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

  9. 「宇宙エレベーター」実現めざし8回目の学会、環境保護の視点も

  10. ダークマターとは何か…NASAが宇宙空間に存在する物質の研究動向を解説

アクセスランキングをもっと見る