自動運転車のレース、2016-2017年から開催へ…フォーミュラE

エコカー EV

ROBORACE(ロボレース)のロゴマーク
  • ROBORACE(ロボレース)のロゴマーク
早期の実用化を目指して、主要な自動車メーカーが開発を進めている自動運転車。今度はモータースポーツの世界でも、自動運転のレースが開催されることが分かった。

これは11月27日、EVレースを主催する「フォーミュラE」が明らかにしたもの。「自動運転のEVを使ったグローバルレースシリーズを計画中」と発表している。

フォーミュラEは、この自動運転レースを、「ROBORACE」(ロボレース)と命名。現在のフォーミュラEをサポートするレースとして、2016-2017年シーズンからの開始を目指す。

フォーミュラEによると、10チーム各2台ずつの合計20台の参戦を予定。レースは1時間で争われ、フォーミュラEと同じ世界主要都市で開催するという。

フォーミュラEは、「ROBORACEの使命は、未来の自動車および情報技術が、過酷な状況下で作動することを示すこと」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

    メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

  2. BMW i3 改良新型、予約がほぼ5000台…欧州

    BMW i3 改良新型、予約がほぼ5000台…欧州

  3. 日産 ムラーノ 新型にハイブリッド、米国市場で発売

    日産 ムラーノ 新型にハイブリッド、米国市場で発売

  4. ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

  5. 【パリモーターショー 16】メルセデス、新型EVコンセプト初公開へ…航続500km

  6. 燃料費無料、排ガスゼロで本州縦断---テスラ、浜松に充電施設を開設

  7. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  8. トヨタの欧州ハイブリッド車販売、44%増の14万台超え 上半期

  9. テスラ、長野に超急速充電施設を開設…国内10か所目

  10. テスラ、商用車に進出…2017年にEVトラックとバスを発表へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら