自動運転車のレース、2016-2017年から開催へ…フォーミュラE

エコカー EV

ROBORACE(ロボレース)のロゴマーク
  • ROBORACE(ロボレース)のロゴマーク
早期の実用化を目指して、主要な自動車メーカーが開発を進めている自動運転車。今度はモータースポーツの世界でも、自動運転のレースが開催されることが分かった。

これは11月27日、EVレースを主催する「フォーミュラE」が明らかにしたもの。「自動運転のEVを使ったグローバルレースシリーズを計画中」と発表している。

フォーミュラEは、この自動運転レースを、「ROBORACE」(ロボレース)と命名。現在のフォーミュラEをサポートするレースとして、2016-2017年シーズンからの開始を目指す。

フォーミュラEによると、10チーム各2台ずつの合計20台の参戦を予定。レースは1時間で争われ、フォーミュラEと同じ世界主要都市で開催するという。

フォーミュラEは、「ROBORACEの使命は、未来の自動車および情報技術が、過酷な状況下で作動することを示すこと」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

    トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

  2. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

    中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  3. 【インタビュー】i-MMDと大容量バッテリーが生む走りの新次元…ホンダ アコードプラグインハイブリッド 開発者

    【インタビュー】i-MMDと大容量バッテリーが生む走りの新次元…ホンダ アコードプラグインハイブリッド 開発者

  4. BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月

  5. 【畑村エンジン博士のe燃費データ解析】その5…日本のガラパゴス化の要因は10・15モードにあった

  6. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  7. 【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

  8. 米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

  9. 【畑村エンジン博士のe燃費データ解析】その1…実用燃費から読み解く、ガラパゴス日本の「ハイブリッド」と「CVT」

  10. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

アクセスランキングをもっと見る