国交省、ETC2.0を活用した車両運行管理支援サービスの社会実験を実施

自動車 テクノロジー ITS

国土交通省は、「ETC2.0車両運行管理支援サービス」に関する社会実験を2016年1月初旬より2017年3月21日まで実施。運送事業者などを対象に参加者の募集を開始した。

国土交通省では、道路を賢く使う取組の一つとして、IT新技術を活用し生産性の高い運行管理の実現を目指している。その一環として、ETC2.0車載器搭載車両の運行管理を行う事業者等に走行位置やブレーキ等の情報を提供することで、運行管理の効率化やドライバーの安全確保等の取組を支援する「ETC2.0 車両運行管理支援サービス」の導入検討を進めている。

今回の社会実験では、参加者の車両にETC2.0車載器を搭載。ETC2.0車載器から、車両位置や急ブレーキなどの特定プローブ情報をDSRC路側無線機により収集。国土交通省は、収集した特定プローブ情報をサービス提供者別に仕分けし配信する。

サービス提供者は、配信された特定プローブ情報を事業者単位に仕分けした上で活用し、当該事業者の目的に応じて情報提供サービスを提供する。また事業者は、サービス提供者の情報提供サービス内容に応じて、運行管理の効率化やドライバーの安全確保等に活用する。

国土交通省では、ETC2.0のビッグデータを活用したサービス導入により、正確な到着時間予測による荷待ち時間短縮や、危険箇所の特定によるドライバーの安全確保など、深刻なドライバー不足が進行するトラック輸送における改善効果を狙う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

    【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

  2. フロントスピーカーの「鳴らし方」考察…クロスオーバーさせるメリットは

    フロントスピーカーの「鳴らし方」考察…クロスオーバーさせるメリットは

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

    【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

  4. ガーミン、GPS機能付アウトドアウォッチ fenix3J にスワロフスキーモデルを追加

  5. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  6. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

  7. 日産の自動運転技術搭載車、伊勢志摩サミットでEUのトゥスク議長が試乗

  8. 【NHTSA】中国製EVセダン、前面衝突テストに失格…2つ星評価

  9. 【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方

  10. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

アクセスランキングをもっと見る