GSユアサ、打ち上げ成功したH-IIAロケット29号機に大容量リチウムイオン電池を供給

宇宙 企業動向

GSユアサは、11月24日に三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が種子島宇宙センターから打ち上げたH-IIAロケット29号機に、GSユアサテクノロジー製大容量リチウムイオン電池が搭載されたと発表した。

高度化仕様のH-IIAロケット29号機は、エンジンが改良されたことで従来よりも飛行性能が向上、2段機体で宇宙空間を長時間飛行することができる。これにより人工衛星を静止軌道に、より近い軌道に投入することが可能となり、その分、衛星の燃料を節約できることから、衛星運用の長寿命化に寄与する。

これまでH-IIAロケットの電子機器の電源として、GSユアサ製リチウムイオン電池が搭載されていたが、29号機では2段機体のミッション時間延長に伴う必要電力量の増加に対応するため、三菱重工とGSユアサテクノロジーが開発した、従来比約2倍の容量を持つリチウムイオン電池が搭載された。

GSユアサテクノロジーは、特殊用途の電池や電源を開発・製造しており、海・陸・空の特殊環境フィールドで、高性能、高品質な電池を供給している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

    「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  2. シグナス補給船運用5号機が国際宇宙ステーションを離脱

    シグナス補給船運用5号機が国際宇宙ステーションを離脱

  3. 「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラで火星を撮影

    「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラで火星を撮影

  4. ISS「きぼう」から放出したフィリピン小型衛星、地球の画像撮影…8月から本格運用

  5. 「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

  6. 国立天文台など、太陽系外惑星「K2-28b」を発見…地球の2.3倍、170光年先

  7. TeNQ「サンダーバード ARE GO」コラボ企画展、声優による録りおろしボイス決定

  8. すばる望遠鏡で126億光年彼方の宇宙に小さな銀河を多数発見

  9. ナブテスコ、山崎直子宇宙飛行士が社外取締役に就任

  10. 静岡大学、ISS「きぼう」日本実験棟から放出する超小型衛星を開発…今夏以降に打ち上げ

アクセスランキングをもっと見る