H-IIAロケット29号機、24日15時23分打ち上げ…商業衛星を搭載

宇宙 企業動向

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、11月24日15時23分(日本時間)、種子島宇宙センターからH-IIAロケット29号機を打ち上げると発表した。

H-IIAロケット29号機は、カナダ・テルサットの通信放送衛星「Telstar 12 VANTAGE」を搭載する。日本のロケットで商業衛星を宇宙に輸送するのは初めてとなる。

H-IIAロケット29号機は、JAXAによる基幹ロケット高度化開発の成果を、第2段機体に適用しており、長時間飛行や第2段エンジン再々着火によって静止衛星の打ち上げ性能の向上を図っている。

打ち上げ時間帯は15時23分~17時07分まで。打ち上げ予備期間は11月25日から12月31日。

H2Aロケットは、これまで28機を打ち上げ、このうち27機で成功している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

    JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  2. JAXA、火星探査用飛行機の高高度飛行試験を完了

    JAXA、火星探査用飛行機の高高度飛行試験を完了

  3. 「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

    「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

  4. 火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

  5. JAXA、金星探査機「あかつき」が軌道修正を実施…観測期間を延長

  6. JAXA、ISS「きぼう」日本実験棟から米国の超小型衛星の放出作業を完了

  7. 「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラで火星を撮影

  8. au×HAKUTO、世界初の民間月面探査にチャレンジ…親子向け特別プログラムで紹介

  9. JAXA、ISS補給機「こうのとり」6号機で輸送するISS用バッテリーを公開…GSユアサ製

  10. アルマ望遠鏡で原始星を取り巻くガス円盤とガスの動きを観測成功

アクセスランキングをもっと見る