【トヨタ プリウス プロトタイプ 試乗】正常進化ではない、評価軸がいきなり高くなった仕上がり…岩貞るみこ

試乗記 国産車

トヨタ プリウス プロトタイプ
  • トヨタ プリウス プロトタイプ
  • トヨタ プリウス プロトタイプ
  • トヨタ プリウス プロトタイプ
  • トヨタ プリウス プロトタイプ
  • トヨタ プリウス プロトタイプ
  • トヨタ プリウス プロトタイプ
  • トヨタ プリウス プロトタイプ
  • トヨタ プリウス プロトタイプ
ついに1リットルあたり40kmを超えてきた『プリウス』である。その攻めの姿勢はデザインで十分に表現されている。

トヨタらしさを残しながら、シャープで鋭利な印象のライト類。面というより線で構成されているようで、細い切っ先が心に突き刺さる。フロントマスクはもちろんリアスタイルも特徴的で、高速道路で見かけたら思わず「お!」と見入ってしまいそうだ。

最近、高速道路ではプリウスばっかり走っていると思えるほどの状況だが、第一印象が似ている2代目~3代目に対し、明らかに異なるメッセージ性を持つ4代目なのである。

質感を上げたというインテリアだが、センターコンソール周辺、特にドリンクホルダーあたりの好みは人によって分かれるところ。ええと、正直なところ、私はうーむ。だって玩具みたいなんだもの。しかし、うねりを感じさせる窓枠周辺のあしらいや、広くなった後部座席の足もとなど大胆に緻密に計算して、挑戦してきた技術者の気合が感じられる。

これまでと明らかに異なるのは、足まわりと音である。ハイブリッド性能はよくとも、ばたばたとした荒っぽさがあった先代。これに対し、しっかりとしたボディの作りこみがすぐにわかる。

特に17インチタイヤを履かせたサスペンションが秀逸で、路面の段差にタイヤが当たったとき、乗り上げたとき、乗り越えて下に落ちたときという一連の動作のなかで、不快な振動をドライバーに伝えない。

15インチでもいいのだが、17インチはそれを「はるかに」超える仕上がりで、「内臓への衝撃」が激減しているのがすごい。また、加速していくときの音も静か。速度と耳から聞こえる感覚がリニアになり、ハイブリッドの静粛性を実感できる。正常進化というけれど、トヨタのなかで評価軸がいきなり高くなったぐらいの仕上がりぶりである。

■5つ星評価
パッージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。
《岩貞るみこ》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品