カーオブザイヤー、最終選考に シビック と ロードスター…米モータートレンド誌

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ホンダ シビック セダン 新型
  • ホンダ シビック セダン 新型
  • マツダ ロードスター 新型(北米仕様)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
米国の有力自動車メディア、『モータートレンド』は11月9日、「2016モータートレンド・カーオブザイヤー」の最終選考7台を発表した。

同賞は、2014年秋から2015年秋までの1年間に、米国で発表された乗用車の中から最高の1台を選出するもの。今年で67回を数え、米国の自動車メディアが発表する賞としては、最も権威が高く、各方面から高い注目を集めるアワードとして知られる。

最終選考の全7車種は、以下の通り。

アウディ『TT』
BMW『7シリーズ』
シボレー『カマロ』
ホンダ『シビック』
マツダ『ロードスター』
メルセデス『AMG GT S』
トヨタ『MIRAI』

日本勢とドイツ勢が3車種ずつを分け合い、残る1台は地元米国の新型シボレーカマロという構図。日本車は、新型ホンダシビック、新型マツダロードスター、トヨタMIRAI。ドイツ車は、新型アウディTT、新型BMW 7シリーズ、メルセデスAMG GT Sとなる。

最終選考では、モータートレンドのスタッフやジャーナリストが一般道、サーキットなどで走行テストを実施。デザイン、エンジニアリング、経済性、安全性などを基準に、最優秀の1台を選び出す予定。前回は、フォルクスワーゲンの新型『ゴルフ』が、イヤーカーに選ばれている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドマシン、5台の参加が決定

    【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドマシン、5台の参加が決定

  2. 【鈴鹿8耐】英国スーパーバイク王者ジョシュ・ブルックスの参戦決定…ヨシムラ2人目のライダー

    【鈴鹿8耐】英国スーパーバイク王者ジョシュ・ブルックスの参戦決定…ヨシムラ2人目のライダー

  3. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

    トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

  4. 【鈴鹿8耐】BS12 トゥエルビ、過去レースダイジェスト版をニコ生で放送開始

  5. 2017年のロッシのチームメイトはヴィニャレスか!? 鈴鹿8耐にザルコ登場の可能性

  6. 【レッドブル・エアレース 第3戦】史上初、空のレースクイーンが登場…コスチュームは“CA風”?

  7. 【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドやマン島TT参戦レーサーも登場…11月19日・20日

  8. 【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

  9. 【新聞ウォッチ】伊勢志摩サミットあす開幕、MRJ、ミライ、クラリティもお披露目

  10. 『グランツーリスモSPORT』は新しいモータースポーツの提案 ― FIAとの連携秘話も

アクセスランキングをもっと見る