カーオブザイヤー、最終選考に シビック と ロードスター…米モータートレンド誌 | レスポンス(Response.jp)

カーオブザイヤー、最終選考に シビック と ロードスター…米モータートレンド誌

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ホンダ シビック セダン 新型
  • ホンダ シビック セダン 新型
  • マツダ ロードスター 新型(北米仕様)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
米国の有力自動車メディア、『モータートレンド』は11月9日、「2016モータートレンド・カーオブザイヤー」の最終選考7台を発表した。

同賞は、2014年秋から2015年秋までの1年間に、米国で発表された乗用車の中から最高の1台を選出するもの。今年で67回を数え、米国の自動車メディアが発表する賞としては、最も権威が高く、各方面から高い注目を集めるアワードとして知られる。

最終選考の全7車種は、以下の通り。

アウディ『TT』
BMW『7シリーズ』
シボレー『カマロ』
ホンダ『シビック』
マツダ『ロードスター』
メルセデス『AMG GT S』
トヨタ『MIRAI』

日本勢とドイツ勢が3車種ずつを分け合い、残る1台は地元米国の新型シボレーカマロという構図。日本車は、新型ホンダシビック、新型マツダロードスター、トヨタMIRAI。ドイツ車は、新型アウディTT、新型BMW 7シリーズ、メルセデスAMG GT Sとなる。

最終選考では、モータートレンドのスタッフやジャーナリストが一般道、サーキットなどで走行テストを実施。デザイン、エンジニアリング、経済性、安全性などを基準に、最優秀の1台を選び出す予定。前回は、フォルクスワーゲンの新型『ゴルフ』が、イヤーカーに選ばれている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品