インド 新車販売、20%増の32万台超え…祝祭特需 10月

自動車 ビジネス 海外マーケット

マルチスズキ アルトK10
  • マルチスズキ アルトK10
  • トヨタ エティオス
  • ホンダ シティ
インド自動車工業会は11月10日、インド国内の10月の新車販売の結果をまとめた。乗用車と商用車を合わせた総販売台数は、32万7225台。前年同月比は20%増と祝祭シーズンの需要で大きく伸び、4か月連続で前年実績を上回った。

10月実績をメーカー別で見ると、インド市場で3割を超えるトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキが10月、インド国内で12万1063台を販売。前年同月比は24.7%増と、18か月連続で増加した。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『A-スター』『ディザイア』などが、合計で9万7951 台を販売。前年同月比は21.5%増と、7 か月連続のプラス。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、小型MPVの『エルティガ』や新発売の『Sクロス』を含めて、10月はセグメント合計で9435台を販売。前年同月比は56.5%増と、6か月連続で増加する。

また、トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)が発表した10月のインド国内新車販売台数は、1万3601台(輸出を含む)。前年同月比は0.8%減と、2か月連続で前年実績を下回った。10月実績の1万3601台の内訳は、インド国内販売分が1万2403台で、前年同月比は1.2%減と、3か月連続のマイナス。販売の主力は、引き続き『エティオス』。

ホンダのインドにおける四輪車生産販売会社、ホンダカーズインディアリミテッドが公表した10月のインド新車販売台数は、2万0166台(輸出を除く)。前年同月比は52%増と、2か月連続の前年超え。小型セダンの『シティ』が7022台で、2か月ぶりに最量販車に。コンパクトカーの『アメイズ』が6971台で、シティに続く。新型『モビリオ』は770台を売り上げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

    レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  6. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  7. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  8. GT-R × ギルドデザイン、ジュラルミン製iPhoneケースを発売

  9. 【JNCAP2015】表彰式に眞鍋かをりさん「買うクルマの安全性わかるのは良いこと」」

  10. レースクイーンが時間をお知らせ!「サーキット時計」2016年の第2弾はSUPER GT

アクセスランキングをもっと見る