ポルシェ パナメーラ に2ドア!? 巨大ウィング装着車の正体は…

自動車 ニューモデル 新型車

ベントレー コンチネンタルGT スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGT スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGT スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGT スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGT スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGT スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGT スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGT スクープ写真
  • ベントレー コンチネンタルGT スクープ写真
ポルシェ次世代『パナメーラ』と思いきや、これまでの試作車とは違う、怪しげなプロトタイプを捕捉した。

よく見れば、車幅は拡大され、フロントエアダクトも巨大化、パワーバルジに巨大固定式リアウィング装着し、リアドアは不自然に短く、明らかにこれまで目撃されたプロトタイプとは異なる。スパイショットにおいて、このように極端な短いドアの場合、ほぼ2ドアモデルのカモフラージュと見て間違いない。

パナメーラ次世代モデルにラインナップされると噂される最強モデル、または2ドアパナメーラかと思われたが、カメラマンからの情報によると、パナメーラ次期モデルとプラットフォームを共有すると言われるベントレーの2ドアクーペ『コンチネンタルGT』次期モデルの初期プロトタイプと言うことだ。

つまりリアドアはダミーで、この下には2ドアボディが隠されているということになる。

次世代コンチネンタルGTに採用される「MSB」プラットフォームにより、大幅な軽量化に成功、燃費も改善されているようだ。

パワーユニットは4リットルV型8気筒ツインターボを搭載、頂点には次世代W型12気筒ツインターボエンジンやハイブリッドモデルも噂されている。

ワールドプレミアは2016年に次世代パナメーラが登場した後、2017年と噂されている。
《子俣有司@アポロニュースサービス》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

    【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  3. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  4. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  7. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  8. アウディ TT、469万円のエントリーグレードを追加…限定モデル2種も同時発売

  9. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

  10. 【日産 セレナ 新型】9月発売予定のプロトタイプ、詳細を撮影[写真蔵]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら