ベントレー コンチネンタル GTスピード、最高速度331km/hを達成

自動車 ビジネス 海外マーケット

ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
ベントレーは11月4日、オーストラリア大陸を縦断するスチュアートハイウェイで『コンチネンタル GTスピード』が最高速度331km/hを記録したと発表した。

コンチネンタルGTスピードは、ベントレーの量産車最速モデル。6リットルW12気筒ツインターボを搭載し、最大出力635ps、最大トルク820Nmを発生する。

今回の最高速チャレンジは、スチュアートハイウェイ北部の速度無制限区間で実施。ドライバーはオーストラリア出身の伝説的レーサー、ジョン・ボウ氏が務めた。

GTスピードが最高速度に達するまでの時間はわずか76秒、トータルの走行距離は9.4km。331km/hを秒速に換算すると約92メートル。1秒間でサッカーのピッチを駆け抜けたこととなる。

ドライバーを務めたボウ氏は、「この車はレース用に改造されたものではない。工場からラインオフしたラグジュアリーなグランドツアラーだ。走り出して1分少々で331km/hに達したのは本当に驚きだ」とコメントしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  3. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

    レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  6. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  7. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  8. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  9. 名神集中工事、5月30日~6月4日および6月6日~11日…昼夜連続車線規制など

  10. GT-R × ギルドデザイン、ジュラルミン製iPhoneケースを発売

アクセスランキングをもっと見る