ベントレー コンチネンタル GTスピード、最高速度331km/hを達成

自動車 ビジネス 海外マーケット

ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
ベントレーは11月4日、オーストラリア大陸を縦断するスチュアートハイウェイで『コンチネンタル GTスピード』が最高速度331km/hを記録したと発表した。

コンチネンタルGTスピードは、ベントレーの量産車最速モデル。6リットルW12気筒ツインターボを搭載し、最大出力635ps、最大トルク820Nmを発生する。

今回の最高速チャレンジは、スチュアートハイウェイ北部の速度無制限区間で実施。ドライバーはオーストラリア出身の伝説的レーサー、ジョン・ボウ氏が務めた。

GTスピードが最高速度に達するまでの時間はわずか76秒、トータルの走行距離は9.4km。331km/hを秒速に換算すると約92メートル。1秒間でサッカーのピッチを駆け抜けたこととなる。

ドライバーを務めたボウ氏は、「この車はレース用に改造されたものではない。工場からラインオフしたラグジュアリーなグランドツアラーだ。走り出して1分少々で331km/hに達したのは本当に驚きだ」とコメントしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

    ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

  2. カレコカーシェアリング、レクサス 3車種を都内3ステーションに導入

    カレコカーシェアリング、レクサス 3車種を都内3ステーションに導入

  3. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  4. 30年間使用された免震ゴム、性能を維持---ブリヂストンが確認

  5. 二次電池世界市場、2020年には25.7%増…8兆1456億円に拡大

  6. マツダ、タイ工場のエンジン生産能力を3倍に増強

  7. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  8. JXホールディングスと東燃ゼネラルが経営統合へ「JXTGホールディングス」

  9. 笹子トンネル天井板崩落事故、損賠判決確定後初めての遺族説明会...中日本高速・宮池社長

  10. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら