ベントレー コンチネンタル GTスピード、最高速度331km/hを達成

自動車 ビジネス 海外マーケット

ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
  • ベントレー コンチネンタル GTスピード 最高速チャレンジ
ベントレーは11月4日、オーストラリア大陸を縦断するスチュアートハイウェイで『コンチネンタル GTスピード』が最高速度331km/hを記録したと発表した。

コンチネンタルGTスピードは、ベントレーの量産車最速モデル。6リットルW12気筒ツインターボを搭載し、最大出力635ps、最大トルク820Nmを発生する。

今回の最高速チャレンジは、スチュアートハイウェイ北部の速度無制限区間で実施。ドライバーはオーストラリア出身の伝説的レーサー、ジョン・ボウ氏が務めた。

GTスピードが最高速度に達するまでの時間はわずか76秒、トータルの走行距離は9.4km。331km/hを秒速に換算すると約92メートル。1秒間でサッカーのピッチを駆け抜けたこととなる。

ドライバーを務めたボウ氏は、「この車はレース用に改造されたものではない。工場からラインオフしたラグジュアリーなグランドツアラーだ。走り出して1分少々で331km/hに達したのは本当に驚きだ」とコメントしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

    スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  2. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  3. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

    ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  4. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  5. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  6. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  7. マツダ、国内販売が9か月連続マイナス…36.4%減 6月実績

  8. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  9. マツダ 藤本常務、円高には「会社のリソーセス総動員して対応」

  10. トヨタ、国内販売が4か月連続のプラス 6月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら