【オートモーティブワールド16】クルマの次世代技術専門展、過去最多810社が出展…話題の開発者による講演も

自動車 ビジネス 企業動向

オートモーティブワールド2015
  • オートモーティブワールド2015
  • オートモーティブ ワールド(2015年の様子)
  • オートモーティブ ワールド(2015年の様子)
  • オートモーティブ ワールド(2015年の様子)
  • オートモーティブ ワールド(2015年の様子)
  • オートモーティブ ワールド(2015年の様子)
  • オートモーティブ ワールド(2015年の様子)
リード エグジビション ジャパンは、企業向けの自動車次世代技術専門展「オートモーティブ ワールド2016」を2016年1月13日から15日までの3日間、東京ビッグサイトで開催すると発表した。

オートモーティブ ワールドは、「第8回 国際カーエレクトロニクス技術展」「第7回 EV・HEV駆動システム技術展」「第4回 コネクティッド・カー EXPO」「第6回 クルマの軽量化 技術展」「第2回 自動車部品 加工EXPO」の5つの展示会で構成。世界中の自動車メーカー・自動車部品メーカーとの技術相談・商談のための展示会となっている。

「オートモーティブ ワールド2016」には、車載半導体、ADAS/自動運転、EV・HEV、燃料電池自動車など、それぞれの分野における有力企業が一堂に出展。出展社数は昨年から170社増え、過去最多の810社。自動車技術の展示ではアジア最大規模での開催となる。

国際カーエレクトロニクス技術展は、カーエレクトロニクス技術に関するあらゆる部品・材料、ソフトウェア、製造装置、テスティング技術を紹介。EV・HEV駆動システム技術展では、電気自動車・ハイブリッド車の中枢技術であるモータ・インバータ、二次電池、充電に関するあらゆる技術が一堂に出展する。

クルマの軽量化 技術展では、軽量化に必要な部品、材料、加工技術、設計技術などが一堂に集まる。コネクティッド・カー EXPOは、テレマティクスサービス、運行管理システムなどを紹介。自動車部品 加工EXPOは、自動車部品の加工技術・設備、量産・試作請負に特化した専門技術展となる。

また、期間中は展示会とあわせて専門技術セミナーを全100講演開催。若干26歳で『S660』の開発責任者を務めた本田技術研究所の椋本陵氏、マツダ『ロードスター』の開発主査 山本修弘氏らが登壇する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品