【トライアンフ ボンネビル 新型】水冷化と電子制御で生まれ変わった「レジェンド」

モーターサイクル 新型車

トライアンフ 新型ボンネビルシリーズプレス発表会
  • トライアンフ 新型ボンネビルシリーズプレス発表会
  • トライアンフ 新型ボンネビルシリーズプレス発表会
  • トライアンフ 新型ボンネビルシリーズプレス発表会
  • トライアンフ 新型ボンネビルシリーズプレス発表会
  • 新型ボンネビルプレス発表会
  • トライアンフ ストリートツイン
  • トライアンフ ストリートツイン
  • トライアンフ 新型ボンネビルシリーズ
10月末、トライアンフとしては7年ぶりのワールドプレミアとなる新型『ボンネビル』シリーズのプレス発表会が英国・ロンドンで開催。多くの報道陣やセレブが見守る中、英国出身の元WSB世界王者、カール・フォガティがプレゼンターを務めるなど盛大なローンチが展開された。

“Bonneville(ボンネビル)”とはかつて地上最速記録を打ち立てたトライアンフのレコードブレーカーにちなんだネーミング。1959年にデビューした初代『T120ボンネビル』は当時最先端のスーパースポーツとして最も成功したモデルとして知られる。

今回久々のフルチェンジとなった新型ボンネビルは“伝説の再生”をコンセプトに、伝統的なスタイルを継承しつつも現代的なパフォーマンスが与えられているのが特徴だ。

新設計エンジンは水冷化され排気量をアップすると同時に動弁系にはあえてOHCを採用しコンパクト化も実現。爆発間隔も従来の360度から、より鼓動感を重視した270度に統一されている。

新シリーズのラインナップは3系統5機種で、エンジンはモデル毎のキャラクターに合わせた仕様を用意。エントリー層を意識したライトスポーツの「ストリートツイン」が900cc、伝統的スタイルを忠実に再現した「ボンネビルT120」がハイトルク型の1200cc、そして本格派カフェレーサースタイルの「スラクストン」がハイパワー型の1200ccへと進化した。

また、ライド・バイ・ワイヤー方式による切り換え式のライディングモードを採用(1200ccシリーズ)。すべてのモデルでトラクションコントロールとABS、スリッパー&アシストクラッチを標準装備とするなど一気に電子制御化が進められ、安全性と快適性も高められた。

詳細なスペックは未発表だが、新設計のシャーシに加え、最大トルクも現行モデル比で「ストリートツイン」が18%、「ボンネビルT120」が54%、「スラクストン」は62%も上乗せされていることから、従来とは別物の走りが期待できそうだ。

今のところ国内導入が決まっているのは「ストリートツイン」と「ボンネビルT120」、「スラクストンR」の3機種。発売は2016年1月にストリートツイン、他は来春から順次投入の予定。歴史に裏打ちされた本物の走りが楽しみだ。
《佐川健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  2. ヤマハ発動機、ビーノ ベースのEVスクーターを発売…23万6520円

    ヤマハ発動機、ビーノ ベースのEVスクーターを発売…23万6520円

  3. ベイズ、新型電動スクーター バイクルシリーズ 3モデルを発売

    ベイズ、新型電動スクーター バイクルシリーズ 3モデルを発売

  4. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  5. バイカーズステーションSOX 浜松南店、7月1日オープン…静岡県内初

  6. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

  7. ホンダ、軽二輪スクーター PCX150 に新色ダークブルーを追加

  8. ヤマハ発動機、インド市場に新型スクーター シグナス レイZR 投入

  9. 【ホンダ CB1100EX 試乗】見た目、走りとも飽きずに長く付き合える…青木タカオ

  10. ヤマハ MT-07、2016年モデルを発表…新色レッドなどを追加

アクセスランキングをもっと見る