【スズキ エスクード 新型】併売される現行型、「エスクード2.4」名前の理由

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
スズキから発売された新型『エスクード』は、新規投入車種として位置づけられ、これまで販売されてきたエスクードは『エスクード2.4』として併売される。

なぜこのような方法が取られたのか。スズキ第三カーライン製品企画の今枝怜史さんは、欧州と同じ『ビターラ』という名称にする案など、多くの議論があったことを認めたうえで、「スズキのこのサイズのクルマを新たに投入した際に、どうやったらユーザーにぱっと名前を聞いただけで、そのイメージを浮かべてもらえるかがポイントだった」と振り返る。

そこで、「“エスクード”というネーミングを聞くと、サイズ感や四駆性能が高いクルマだとイメージしてもらえる。この点が最も訴求したいところなのであえて新規投入車をエスクードとネーミングしたのだ」と説明する。

一方、継続販売されるエスクード2.4に関して今枝さんは、「新型エスクードでは、これまでのエスクードユーザーからは物足りないと感じる部分があるかもしれない」と明かす。それは、本格的なクロカンのイメージだ。「エンジンは縦置きでFRを基本とし、ラダーフレームが良いというユーザーに、新型を提案しても物足りなさを感じるかもしれない。そこで、併売を決断したのだ」と話す。

そして新型は、「そこまでの四駆性能は必要なく、街乗りがベースで、基本は二駆で走り、燃費も良くて、狭い道に行っても不安にならないようなクルマがいいというユーザーに勧めたい」とエスクード2.4との住み分けを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

    VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  9. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら