【東京モーターショー15】アルトワークス が5速MTで復活…スズキ、4モデルを世界初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

スズキ アルト ワークス(東京モーターショー)
  • スズキ アルト ワークス(東京モーターショー)
  • スズキ アルト ワークス(東京モーターショー15)
  • スズキ アルト ワークス(東京モーターショー15)
  • スズキ アルト ワークス(東京モーターショー15)
  • スズキ ソリオ ハイブリッド(東京モーターショー)
  • スズキ ソリオ ハイブリッド(東京モーターショー)
  • スズキ ハスラー JスタイルII(東京モーターショー)
  • スズキ ハスラー JスタイルII(東京モーターショー)
スズキは10月28日に開幕した「第44回東京モーターショー2015」で展示する出展車両のうち、世界初公開となる四輪車の参考出品4モデルを公開した。軽ホットハッチの代名詞『アルトワークス』の復活が目玉だ。

「アルトワークス」は、『アルト』のターボモデルに、ショートストロークシフトによるダイレクトなフィーリングで、シフトチェンジの楽しみを味わえる5MTを搭載する。エンジンは最大トルクを向上するとともに、アクセル操作にダイレクトに反応する加速フィーリングを実現。

専用チューニングの足回りは、コーナリング時の挙動変化を抑え、ダイレクトな操舵感を得られるスポーティーな特性としたほか、ホールド性の高い専用レカロ製シートを採用。内外装ともに硬派な走りを予感させるデザインとしている。

新型ソリオには、EV走行ができる新しいハイブリッドシステムを搭載した『ソリオ ハイブリッド』を世界初公開。エンジンとモーターを使い分け、加速時はモーターでエンジンをアシストするとともに、モーターのみのEV走行ではより低燃費で静かな走りを可能とする。また、省スペース設計のハイブリッドシステムにより、コンパクトなボディと広い室内空間を両立している。

『ハスラー JスタイルII』は、「ハスラー」の特徴をより際立たせた内外装と充実装備を揃えた特別仕様車。ワイド感を演出するフロントバンパーガーニッシュやメッキグリル、上質感のある黒で統一したインパネなどを装備する。

『キャリイ 軽トラ市仕様』は、荷台に野菜などの商品を載せた軽トラックを集め、直接販売する「軽トラ市」で活躍している「キャリイ」をモデルとした特別仕様。コンパクトで取り回ししやすい「キャリイ」が、商品陳列にちょうど良い高さとサイズの荷台を活かした移動店舗に早変わりする。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

    【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  4. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  7. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  8. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  9. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  10. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら