小田急多摩線でJR東日本の電車を試運転…10月26日から

鉄道 企業動向

千代田線に乗り入れているJR東日本のE233系2000番台(中央)と小田急電鉄の4000形(右)。保安装置などを改造し、E233系は小田急線に、4000形はJR常磐線にも乗り入れできるようにする。
  • 千代田線に乗り入れているJR東日本のE233系2000番台(中央)と小田急電鉄の4000形(右)。保安装置などを改造し、E233系は小田急線に、4000形はJR常磐線にも乗り入れできるようにする。
  • 東京メトロが所有する千代田線用の16000系。小田急線とJR常磐線の乗り入れに対応している。
小田急電鉄は10月26日から、多摩線でJR東日本の車両を使った試運転を実施する。小田急線と東京地下鉄(東京メトロ)千代田線、JR常磐線各駅停車の3線直通運転に向けた準備の一環。日中を中心に11月29日まで運転される。

東京地下鉄(東京メトロ)が運営する千代田線は、代々木上原駅で小田急線、綾瀬駅でJR常磐線と接続。それぞれ相互直通運転を行っている。ただし、3線をまたいで運転することが可能な車両は、16000系電車など東京メトロが所有する車両に限られており、現在は小田急の車両が綾瀬駅まで、JRの車両が代々木上原駅までの運転となっている。

小田急とJR東日本は2013年4月から3線直通運転の準備を開始。JR東日本が所有する千代田線乗り入れ用のE233系電車の2000番台と、小田急が所有する千代田線乗り入れ用の4000形電車に、3線を走行するための保安装置などを搭載する改造工事が進められている。2013年3月の各社の発表では準備期間を3年程度としており、2016年春頃から小田急車とJR車の3線直通運転が始まるとみられる。
《草町義和》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品