人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

日産、自動運転技術に「ニッサン インテリジェント ドライビング」の呼称

自動車 テクノロジー ITS

日産自動車は10月23日、メディア関係者に先進分野の技術説明会を開き最新の自動運転実験車を公開した。併せて同社の自動運転技術に関するコンセプトを「ニッサン インテリジェント ドライビング」と命名し、今後広く使っていくと明らかにした。

このコンセプトに基づく技術開発により、日産は2016年末までに混雑した高速道路の単一レーンでの自動運転技術を実用化。次いで18年には高速道路の複数レーンでの自動運転技術、さらに20年には交差点を含む一般道での自動運転技術の導入を目指している。

同日公開した電気自動車(EV)『リーフ』をベースにした最新実験車は高速道路だけでなく一般道も走行できるという。近く公道での実験走行を、メディアなどに公開する予定。自動運転技術のコンセプトについてはトヨタ自動車も今月、「Mobility Teammate Concept(モビリティ・チームメイト・コンセプト)」という呼称を付けている。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. ETC2.0対応車載器、出荷台数4か月連続プラス 7月

    ETC2.0対応車載器、出荷台数4か月連続プラス 7月

  2. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.2「サウンドチューニング能力のポテンシャル」に迫る!

    「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.2「サウンドチューニング能力のポテンシャル」に迫る!

  3. 【NHTSA】日産 パスファインダー の2017年型、最高の5つ星評価

    【NHTSA】日産 パスファインダー の2017年型、最高の5つ星評価

  4. ビーコンとスマホを使って登山者の安全を見守る…実証実験

  5. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  6. デンソーが講演会…開発中の自動運転センシング技術など紹介 10月15日

  7. 営業車の運行効率化と事故削減…NTTコミュニケーションズのIoT

  8. テクトムと芝工大が共同研究…CAN情報利用してドライバー情報提供へ

  9. ダイハツ、スマートアシスト搭載車が100万台…3年7か月で達成

  10. 【ジャパントラックショー16】ミシュラン、IoTによるタイヤモニタリングシステムを公開へ

アクセスランキングをもっと見る