【ダイハツ キャスト 試乗】内装の上質感が心地いい…島崎七生人 | レスポンス(Response.jp)

【ダイハツ キャスト 試乗】内装の上質感が心地いい…島崎七生人

試乗記 国産車

ダイハツ キャスト スタイル X“SA II”
  • ダイハツ キャスト スタイル X“SA II”
  • ダイハツ キャスト スタイル X“SA II”
  • ダイハツ キャスト スタイル X“SA II”
  • ダイハツ キャスト スタイル X“SA II”
  • ダイハツ キャスト スタイル X“SA II”
  • ダイハツ キャスト スタイル X“SA II”
試乗車は3タイプ揃う『キャスト』のうちの「スタイル」。もっともフェミニンというべきか、「アクティバ」と「スポーツ」の間にあって、普段使いの乗用車感覚を打ち出しにしている。

乗り込んでまず気付くのは“上質感に相当こだわっている”点。とくにインパネまわりのシルバーなどの加飾パネルは、表面にクリアが吹かれ、見た目の艶やかさと深み、触れた際のしっとりとした感触をモノにしている。

またドアトリムの造形も軽にありがちなチマチマと気ぜわしいデザインとは一線を画したゆったりと見える仕上がりで、なかなかだ。バックドアは樹脂製で、室内ミラーで見た際、“ボディ色の鉄板”が見えず結果的に樹脂の室内トリムのように見えるため、これも上質感につながっている。

室内空間は十分なゆとり。とくに後席は広いし、ラゲッジスペースも実用になる容量だ。

外観ではラッピングを用いた2トーンのルーフが目新しい。が、せっかくだがこのクルマはモノトーンのボディ色で、できるだけ外観をスッキリとシンプルにみせたほうが“基本のいい形”が伝わるようにも思った。

走りはオーソドックス。試乗車はNAエンジン(CVT)の2WDモデルだったが、動力性能もサスペンションも街乗り主体といったところ。とはいえ燃費性能はよく、移動で高速走行をこなす必要があったレポーターの今回の試乗では、ごく普通の走らせ方で25.7km/リットルの計算だった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品