ホンダ、米本社にEV充電スタンド増設…120基追加

エコカー EV

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月15日、米国カリフォルニア州トーランスの米国本社に、120基のEV用充電スタンドを増設すると発表した。

今回の取り組みは、EVで通勤するアメリカンホンダの従業員への配慮と、2018年までに市販予定の次世代プラグインハイブリッド車(PHV)の導入に備えるのが目的。

増設工事は、2段階で行われる予定で、すでに第1段階の工事に着手。ホンダはおよそ数100名の従業員が、EVで通勤できる体制になると見込む。

ホンダは米国において、『フィットEV』や『アコードPHV』を販売中。2016年には新型燃料電池車を投入する計画で、2018年までには、新型EVやPHVもスタンバイしている。

アメリカンホンダの環境事業部門、スティーブ・センター副社長は、「今回の増設により、米国本社の多くの従業員にとって、EVで通勤することが便利な選択肢になるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. VWグループ、EV年間300万台販売へ…2025年目標

    VWグループ、EV年間300万台販売へ…2025年目標

  2. 日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

    日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. 三菱リコール問題を一気読み

  5. 【リコール】マツダ RX-7、走行中にボンネットが!

  6. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  7. テラモーターズ、EVスクーターの農業系取り扱い店舗数が100を突破

  8. 【パイクスピーク16】ホンダ、新型 NSX モチーフのEVレーサーで参戦…4モーター

  9. 日産 新型セレナ搭載の「マイクロハイブリッド」とは?

  10. トミーカイラ ZZ の一般試乗が開始「ピュアさを体感して」…スーパーオートバックス東京ベイ東雲

アクセスランキングをもっと見る