NASA、火星資源を人間滞在用の建物造りに活用する方法を募集

宇宙 テクノロジー

米航空宇宙局(NASA)は10月7日、宇宙飛行士の火星滞在を念頭に、火星にある天然資源の利用方法の提案受け付けを開始した。

NASAは、地球の資源に頼って生活することと火星の資源に頼って生活することは異なるとし、またコスト削減(地球から1kgの積み荷を打ち上げるごとに10万ドル以上の費用がかかる)の観点から、火星に現存する物質(砂や岩など)を人間が滞在できる建物(シェルターや宇宙船発着場など)の構成要素に変えるシステムの提案を一般から受け付ける。

募集の締め切りは12月3日。最優秀提案と次点の発表は来年1月。最も優れていると認められた提案の考案者(1名)には1万ドル、次点(2名)には2500ドルの賞金を出すとしている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

    JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  2. JAXA、火星探査用飛行機の高高度飛行試験を完了

    JAXA、火星探査用飛行機の高高度飛行試験を完了

  3. 「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

    「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

  4. JAXA、ISS「きぼう」日本実験棟から米国の超小型衛星の放出作業を完了

  5. 「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラで火星を撮影

  6. au×HAKUTO、世界初の民間月面探査にチャレンジ…親子向け特別プログラムで紹介

  7. JAXA、ISS補給機「こうのとり」6号機で輸送するISS用バッテリーを公開…GSユアサ製

  8. アルマ望遠鏡で原始星を取り巻くガス円盤とガスの動きを観測成功

  9. ISS「きぼう」から放出したフィリピン小型衛星、地球の画像撮影…8月から本格運用

  10. 「限界を超えた超新星」の起源を初めて解明

アクセスランキングをもっと見る