人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

NASA、火星資源を人間滞在用の建物造りに活用する方法を募集

宇宙 テクノロジー

米航空宇宙局(NASA)は10月7日、宇宙飛行士の火星滞在を念頭に、火星にある天然資源の利用方法の提案受け付けを開始した。

NASAは、地球の資源に頼って生活することと火星の資源に頼って生活することは異なるとし、またコスト削減(地球から1kgの積み荷を打ち上げるごとに10万ドル以上の費用がかかる)の観点から、火星に現存する物質(砂や岩など)を人間が滞在できる建物(シェルターや宇宙船発着場など)の構成要素に変えるシステムの提案を一般から受け付ける。

募集の締め切りは12月3日。最優秀提案と次点の発表は来年1月。最も優れていると認められた提案の考案者(1名)には1万ドル、次点(2名)には2500ドルの賞金を出すとしている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. アルマ望遠鏡の観測提案の審査を終了…1571件の応募

    アルマ望遠鏡の観測提案の審査を終了…1571件の応募

  2. スペースX、スカパーJSATの通信衛星JCSAT-16の打ち上げ成功

    スペースX、スカパーJSATの通信衛星JCSAT-16の打ち上げ成功

  3. アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

    アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

  4. JAXA、高精度軌道時刻推定ツールの作成物をインターネットで配信開始

  5. 【夏休み】野辺山宇宙電波観測所に展示室を開館

  6. ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

  7. スペースX、ファルコン9ロケット打ち上げ失敗

  8. 国立天文台、野辺山太陽電波観測所を閉所

  9. ペルセウス座流星群の観測…全国的に最高の条件 8月12日

  10. ドラゴン補給船、7月18日に打ち上げ…ロケット1段目は洋上プラットフォームに着陸へ

アクセスランキングをもっと見る