インホイールモーター関連技術、特許総合力トップはトヨタ自動車…パテント・リザルト

エコカー EV

パテント・リザルトは、日本に出願されたインホイールモーター関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果を「特許・技術調査レポート インホイールモーター関連技術」にまとめた。

インホイールモーターは、電気自動車(EV)の駆動用モーターを車輪近くに搭載し、直接車輪を駆動する技術。従来のEVはガソリン自動車のエンジンと同じような場所に駆動モーターを搭載していたが、インホイールモーターを搭載することで車体の自由度が上がり、またアクセルレスポンスの向上にもつながる。

本調査ではインホイールモーターに関する技術の特許を集計し、各個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を行った。その結果、総合力ランキングでは、1位トヨタ自動車、2位NTN、3位本田技研工業となった。

1位のトヨタ自動車は、モーター冷却用オイルのポンプや通路の配置を工夫することにより冷却効率を上げる技術の特許が高い注目度となっている。2位のNTNは減速機をコンパクトにする技術、3位本田技研工業は、連れ回りを防止できるモーター、減速機の配置に関する特許の注目度がそれぞれ高くなっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

    【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

  2. 日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

    日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. ボルボ V60 ディーゼルで東京-鹿児島を無給油チャレンジ…1326kmを走破できるか

  5. プリウスPHV 超える燃費! BMW 3シリーズ 次期型は「50km/リットル」

  6. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  7. 【オートモーティブワールド16】ペダル無し、シフトあり!? 鈴鹿を最速30km/hで走る新感覚EVカート

  8. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  9. 【インタビュー】i-MMDと大容量バッテリーが生む走りの新次元…ホンダ アコードプラグインハイブリッド 開発者

  10. 日産と三菱、資本提携でEVパワートレイン共有へ

アクセスランキングをもっと見る