人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

トヨタ 86 ラリーカー、FIA R3 の認証取得…後輪駆動車で初

自動車 ニューモデル 新型車

ドイツに本拠を置くトヨタモータースポーツGmbH(TMG)は10月2日、『GT86 CS-R3』が後輪駆動車として初めて、「FIA R3」のホモロゲーションを取得したと発表した。

同車は、トヨタ『GT86』(日本名:トヨタ『86』)をベースに開発されたFIA(国際自動車連盟)「R3」レギュレーションを満たすラリーカー。2014年8月には、プロトタイプ車がドイツで開催されたWRC(世界ラリー選手権)第9戦において、デモ走行を果たしている。

GT86 CS-R3では、FA20型・直噴2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンをチューニング。最大出力は232hpへ、32hp引き上げられた。最大トルクは24kgmを獲得する。

トランスミッションは6速シーケンシャルで、LSDを装備。サスペンションとブレーキも、レギュレーションの範囲内でラリー用に強化される。室内には、FIAの安全基準を満たすロールケージを組み込む。快適装備を省くなどして、軽量化を実施。車両重量は1080kgで、市販車に対して、およそ200kgの軽い。

10月2日、トヨタモータースポーツGmbH(TMG)はGT86 CS-R3が後輪駆動車として初めて、FIA R3のホモロゲーションを取得したと発表。ドイツでのベース価格は、キット状態で8万4000ユーロ(約1130万円)。TMGは、「これでGT86 CS-R3が、WRCを含むFIAレギュレーションのあらゆるラリーに、参戦することが可能になった」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

    【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  3. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

    【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  4. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  5. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  6. アルピナ版 5シリーズ ツーリング「B5」早くも目撃

  7. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  8. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  9. 【日産 セレナ 新型】9月発売予定のプロトタイプ、詳細を撮影[写真蔵]

  10. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

アクセスランキングをもっと見る