テスラ モデルX、市販版を発表…0-96km/h加速3.2秒の俊足SUV

エコカー EV

テスラ モデルX
  • テスラ モデルX
  • テスラ モデルX
  • テスラ モデルX
  • テスラ モデルX
  • テスラ モデルX
  • テスラ モデルX
  • テスラ モデルX
米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズは9月29日、新型EVの『モデルX』の市販モデルを米国で発表した。

モデルXは『ロードスター』、『モデルS』に続くテスラの第3の市販EV。モデルXは、モデルSのEVパワートレインや車台をベースに開発されたクロスオーバー車となる。

その特徴は、後部ドアの「ファルコンウィングドア」と呼ばれるガルウィングドア。モデルXは3列シート、乗車定員7名または6名のクロスオーバー車だが、2列目と3列目シートへの乗降性を高める目的で、ガルウィングドアが採用された。

モデルXは、モーターの性能により、2グレードを用意。中でも、米国仕様の最高峰に位置するのが、「P90D」グレード。モーターを前後に搭載し、4輪を駆動する4WDとなる。

モーターはフロントが最大出力259hp、最大トルク33.7kgm。リアが最大出力503hp、最大トルク66.2kgm。トータルでの最大トルクは98.6kgmを引き出す。0-96km/h加速3.2秒、最高速250km/hとSUVとして異例のパフォーマンスを実現した。二次電池は、蓄電容量90kWh。1回の充電で、最大およそ400kmを走行できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  2. 三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

    三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

  3. 三菱リコール問題を一気読み

    三菱リコール問題を一気読み

  4. パパママに受ける ノア/ヴォクシー HV、スポーティな外観の内側にある2つのチューニング

  5. どうなるEVの充電方式…EUにおける「コンボ」対「チャデモ」の戦い

  6. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  7. 【実燃費ランキング】絶版国産スポーツ対決…生産終了の RX-8 は?

  8. 【実燃費対決】歴代 ランエボ、脅威のカタログ値超えも!

  9. ダイムラー と中国 BYD のEV、デンツァに新型…400km走行可能

  10. 【トヨタ アクア 発表】どの販売店で買うのがおトク!?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら