圏央道、東名高速から東北道まで開通…10月31日

自動車 社会 社会

圏央道(資料画像)
  • 圏央道(資料画像)
  • 今回の開通状況
  • 東北道から西日本方面に行く効果
  • 今回の標準断面図
国土交通省・道路局は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)・桶川北本IC~白岡菖蒲IC間が、2015年10月31日に開通することを明らかにした。

今回の開通により、東北道、関越道、中央道、東名道が圏央道でつながった。企業活動や観光活性化を支援するストック効果が期待されている。

従来であれば、東北道から中央道、東名道を使って西日本方面に行くには、首都高を経由するルートしかなかった。今回、圏央道を経由するルートができ、交通量の分散が期待される。

例えば、久喜白岡JCT~海老名JCTまでのルートでは、従来のコースだと東北道~首都高~東名というルートで約130分掛かっていた。今回の開通で、東北道~圏央道~東名高速というルートで約75分に短縮することが可能。

産業面の効果では、埼玉県の圏央道沿線地域の新規立地が10年で462件となり、新規雇用が増えると予想され、民需拡大・地域経済の好循環につながると国土交通省は予想している。
《編集部》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品