ルノーと東風汽車、EVの中国現地生産で合意 | レスポンス(Response.jp)

ルノーと東風汽車、EVの中国現地生産で合意

エコカー EV

フランスの自動車大手、ルノーと中国の東風汽車は9月28日、中国でEVを現地生産することで合意した、と発表した。

このEVは、ルノーと東風汽車の中国合弁、東風ルノーが生産するもの。ルノーの中型セダン、『フルエンス』のEV、『フルエンスZ.E.』をベースに開発される。

また、この新型EVは、東風ルノーにとって、初のEV。2017年から武漢工場において、生産を開始する予定で、東風ブランドから中国専用車として発売される。

今回の合意は、ルノーグループと東風グループの両社にとって、持続的な自動車社会の実現に向けた移動手段を提示するものとなる。

東風ルノーのジャック・ダニエルCEOは、「今回のEVでの合意は、COP21のパートナーとしてのルノーの公約を示すもの」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品