米VW、排出ガステストで違法なソフトウェアを使用 | レスポンス(Response.jp)

米VW、排出ガステストで違法なソフトウェアを使用

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲン ジェッタ
  • フォルクスワーゲン ジェッタ
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル
  • フォルクスワーゲン ゴルフ
米国EPA(環境保護庁)は9月18日、フォルクスワーゲングループオブアメリカが、米国の排出ガステストをクリアする目的で、違法なソフトウェアを使用していた、と発表した。

EPAの発表によると、フォルクスワーゲングループオブアメリカが使用した違法なソフトウェアは、排出ガステストの際、排出ガス浄化機能をフル稼働することができるという。

フォルクスワーゲングループオブアメリカは、この状態で、米国の排出ガス基準をクリア。しかし、このソフトウェアを用いると、通常の走行時の排出ガス浄化機能は、大幅に低下。排出ガス中の有害物質のひとつ、NOx(窒素酸化物)は、排出ガス基準の40倍にも達するケースがあるとのこと。

このソフトウェアが装着されていたのは、フォルクスワーゲンブランドとアウディブランドの直列4気筒ターボディーゼル「TDI」エンジン。2009-2015年モデル、およそ48万2000台が該当する。

フォルクスワーゲンでは、『ジェッタ』、『ビートル』、『ゴルフ』、『パサート』。アウディでは、『A3』が対象。EPAのシンシア・ギレス補佐官は、「違法な装置を使って排出ガス基準を満たす行為は、国民の健康を脅かすこと」、とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品