米VW、排出ガステストで違法なソフトウェアを使用

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲン ジェッタ
  • フォルクスワーゲン ジェッタ
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル
  • フォルクスワーゲン ゴルフ
米国EPA(環境保護庁)は9月18日、フォルクスワーゲングループオブアメリカが、米国の排出ガステストをクリアする目的で、違法なソフトウェアを使用していた、と発表した。

EPAの発表によると、フォルクスワーゲングループオブアメリカが使用した違法なソフトウェアは、排出ガステストの際、排出ガス浄化機能をフル稼働することができるという。

フォルクスワーゲングループオブアメリカは、この状態で、米国の排出ガス基準をクリア。しかし、このソフトウェアを用いると、通常の走行時の排出ガス浄化機能は、大幅に低下。排出ガス中の有害物質のひとつ、NOx(窒素酸化物)は、排出ガス基準の40倍にも達するケースがあるとのこと。

このソフトウェアが装着されていたのは、フォルクスワーゲンブランドとアウディブランドの直列4気筒ターボディーゼル「TDI」エンジン。2009-2015年モデル、およそ48万2000台が該当する。

フォルクスワーゲンでは、『ジェッタ』、『ビートル』、『ゴルフ』、『パサート』。アウディでは、『A3』が対象。EPAのシンシア・ギレス補佐官は、「違法な装置を使って排出ガス基準を満たす行為は、国民の健康を脅かすこと」、とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

    タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  3. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

    【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  4. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  5. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  8. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

  9. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  10. 日産、リコール対象車の入庫を促進…未実施車のバックドアで負傷事故発生

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら