米VW、排出ガステストで違法なソフトウェアを使用

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲン ジェッタ
  • フォルクスワーゲン ジェッタ
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル
  • フォルクスワーゲン ゴルフ
米国EPA(環境保護庁)は9月18日、フォルクスワーゲングループオブアメリカが、米国の排出ガステストをクリアする目的で、違法なソフトウェアを使用していた、と発表した。

EPAの発表によると、フォルクスワーゲングループオブアメリカが使用した違法なソフトウェアは、排出ガステストの際、排出ガス浄化機能をフル稼働することができるという。

フォルクスワーゲングループオブアメリカは、この状態で、米国の排出ガス基準をクリア。しかし、このソフトウェアを用いると、通常の走行時の排出ガス浄化機能は、大幅に低下。排出ガス中の有害物質のひとつ、NOx(窒素酸化物)は、排出ガス基準の40倍にも達するケースがあるとのこと。

このソフトウェアが装着されていたのは、フォルクスワーゲンブランドとアウディブランドの直列4気筒ターボディーゼル「TDI」エンジン。2009-2015年モデル、およそ48万2000台が該当する。

フォルクスワーゲンでは、『ジェッタ』、『ビートル』、『ゴルフ』、『パサート』。アウディでは、『A3』が対象。EPAのシンシア・ギレス補佐官は、「違法な装置を使って排出ガス基準を満たす行為は、国民の健康を脅かすこと」、とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

    三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

  2. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  3. ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

    ホンダ アコード、40周年…米国累計販売は1270万台以上

  4. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  5. 一部ホンダ車、タカタ製エアバッグ異常破裂の危険を警告…米当局

  6. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  7. メルセデス・ベンツ日本 上野社長「去年以上にできるくらいの勢いはある」

  8. 三菱自、「改革室」を設置…燃費不正再発防止、山下副社長直属

  9. 【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

  10. 都内の自家用車保有世帯、6人に1人がカーシェアリングの会員…ジャストシステム調べ

アクセスランキングをもっと見る