プロッツァ、ラオスで電動三輪車の路線運行を開始

エコカー EV

バス停で出発待ちのペコロ
  • バス停で出発待ちのペコロ
  • ルアンパバーン・E-Bus路線ルート
プロッツァは、ラオスで電動三輪車「ペコロ」による路線運行を本格的に開始したと発表した

電動三輪車は、国際協力機構(JICA)による「ラオス国三輪電気自動車を活用した低公害型公共交通システムの普及・実証事業」で、新E-Busターミナルの完成に合わせ複数路線での運行を開始した。

実証事業は、ルアンパバーン郡の世界遺産地区を通る2路線で、同社の電動三輪車「ペコロ」を使って定時定路線運行をラオス国公共事業運輸省と共同で実施し、運行実績や収益、費用データを収集・分析することで、技術的、経済的な効果を実証するもの。

電動三輪車「ペコロ」は、脱着式のリチウムイオン電池を搭載。充電待機時間の短縮と車両の小型化のためで、大規模な充電インフラが整備される前でも導入することが可能。実証事業では、14台の電動三輪車「ペコロ」とともに、30個のバッテリー、2基のバッテリー交換ステーションが導入された。

今回、E-Busターミナルの完成と同時に、複数路線で電動三輪車の本格運行を開始した。合計14台の電動三輪「ペコロ」が、イエローライン、グリーンラインという2つのバス路線でE-Busとして、また路線フリーの電動トゥクトゥクとして使用される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

    トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

  2. BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月

    BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月

  3. 【インタビュー】i-MMDと大容量バッテリーが生む走りの新次元…ホンダ アコードプラグインハイブリッド 開発者

    【インタビュー】i-MMDと大容量バッテリーが生む走りの新次元…ホンダ アコードプラグインハイブリッド 開発者

  4. 米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

  5. 【畑村エンジン博士のe燃費データ解析】その5…日本のガラパゴス化の要因は10・15モードにあった

  6. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  7. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  8. プリウスPHV 超える燃費! BMW 3シリーズ 次期型は「50km/リットル」

  9. 【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

  10. ジャパンEVラリー、7月16日~18日に開催…乗鞍スカイラインで雲上のEVドライブ

アクセスランキングをもっと見る