【メルセデスベンツ S300h 発表】1000万円を切る価格設定の理由

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ S300h
  • メルセデスベンツ S300h
  • メルセデスベンツ S300h
  • メルセデスベンツ S300h
  • メルセデスベンツ S300h
  • メルセデスベンツ S300h
  • メルセデスベンツ S300h
  • メルセデスベンツ S300h
  • メルセデスベンツ S300h
メルセデス・ベンツ日本から発売されたディーゼルハイブリッド『S300h』の価格は、1000万円を切る998万円という戦略的な値付けとなった。

この意図について、同社営業企画部商品企画1課の渡辺彬さんは、「近年、Sクラスの価格は1000万円以上が当たり前だった。一方、Sクラスはより広いユーザー層にアプローチしたいという課題も抱えていた」と述べる。

Sクラスはロイヤルカスタマーと呼ばれるSクラスからSクラスに乗り換えるユーザー層があり、そこは安定基盤として存在しているが、台数を伸ばすためには他からの流入も必要だ。そこで、「4ケタの価格がどうしてもユーザーの心理的バリアになっていることを感じていたので、S300hという全く新しいパワートレインを持ったクルマで、かつ、3ケタの魅力的な価格を打ち出すことが、相乗効果もあり一番いいのではないかと考えた」という。

そして、競合としては「同じドイツ車以外に、日本の高級ブランドからも獲得したい」と渡辺さん。「ブランド力だけでなく、ディーゼルハイブリッドであることと、魅力的な価格によって、アプローチしたい」とし、「この価格で興味を持ってもらい、しかしガソリンの方が良いといわれれば、Sクラスの他のラインナップも紹介できる」と選択肢増によるメリットもあると話す。

そういったことから、「S300hとS400h の装備差はほぼないといってよく、また、S400hエクスクルーシブとS300hエクスクルーシブも、AMGラインの有無はあるにせよ、それ以外の標準装備は全く同じ。この考え方は他のグレードも同様だ」と説明。これはユーザーにもセールスマンもわかりやすく、また説明がしやすいことから、「パワートレインによる価格差はあるものの、ユーザーの志向に合わせて柔軟に選択できるようなグレード構成にしている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  2. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

    VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  5. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  6. 【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

  7. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  9. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  10. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら