人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

PHV・FCVでの非常時電源供給、トヨタが専用サイトで活用例など紹介

エコカー EV

トヨタ自動車は、外部電源供給を通じた災害に強い地域・社会づくりを目指し、『プリウスPHV』をはじめとした非常時電源供給について紹介するウェブページを9月1日に公開した。

2011年3月11日に起きた東日本大震災をきっかけに、次世代エコカーの外部電源供給システムを災害時に使用する動きがさまざまな自治体や企業で見受けられるようになってきた。また、近年は異常気象による土砂災害のニュースが目立ったこともあり、ライフラインが停止した際の備蓄として、「食料」だけではなく、「エネルギー」の備蓄も注目されつつある。

外部電源供給システムはハイブリッドカー(HV)の一部車種およびプラグインハイブリッドカー(PHV)、燃料電池自動車(FCV)に設定が可能。屋外で電力の供給がなくても、クルマに搭載されたバッテリーからの電力供給で、TVやPC、炊飯器やドライヤーなどの電化製品を動かすことができる。

トヨタでは今後、「非常時電源供給」に関するウェブページで、随時活用事例等の情報を掲載していく予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 三菱自、燃費確認試験で RVR など8車種が諸元値に達せず…スズキは全車クリア

    三菱自、燃費確認試験で RVR など8車種が諸元値に達せず…スズキは全車クリア

  2. 三菱自の賠賠償金支払い、現行販売7車種、電気自動車でも

    三菱自の賠賠償金支払い、現行販売7車種、電気自動車でも

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

  5. リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップは三洋電機

  6. 三菱リコール問題を一気読み

  7. ダイムラー と中国 BYD のEV、デンツァに新型…400km走行可能

  8. 燃料電池スタック全体のシミュレーション、みずほ情報総研が実現…世界初

  9. 日産 ムラーノ 新型にハイブリッド、米国市場で発売

  10. 世界最速のEVスポーツ、SP:01…中国に第一号車を出荷

アクセスランキングをもっと見る