JR東日本、中央本線の新型特急「E353系」量産先行車を公開

鉄道 企業動向

JR東日本が中央線の特急用として開発した新型電車E353系の報道公開が松本車両センターで行われた
  • JR東日本が中央線の特急用として開発した新型電車E353系の報道公開が松本車両センターで行われた
  • E353系の前面。縦に並んだヘッドライトが印象的だ
  • E353系普通車の室内。普通席にもすべてコンセントが備わる
  • E353系グリーン車の室内
  • E353系の運転台
  • E353系の基本編成と付属編成の連結部
  • E353系の先頭車。前面から側面上部にかけて入る紫のラインはややメタリックが入っている
  • 前面は「ストリームブラック」と呼ばれる黒で、縦型のヘッドライトが映える
JR東日本が中央本線の特急用に開発した新型電車「E353系」の量産先行車が8月2日、長野県松本市の松本車両センターで報道関係者らに公開された。同線の特急『スーパーあずさ』のE351系を置き換える目的で開発され、今後性能の検証などを行う。

車体はアルミ製で、工業デザイナーの奥山清行さんが代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」がデザインを担当。南アルプスの雪を表現した「アルパインホワイト」をベースとし、『あずさ』の伝統を受け継いだという紫色「あずさバイオレット」のラインが入った。縦型のヘッドライトが印象的な前面は「ストリームブラック」、側面の窓周りは松本城の青みがかった漆黒を表現したという「キャッスルグレー」で彩られている。車体幅は2920mmで、E351系の2843mmに比べやや広がった。

最高速度は130km/hで、車体を支える空気ばねの高さを調整することでカーブ通過時に車体を傾け、遠心力を緩和する「空気ばね式車体傾斜制御」をJR東日本の在来線特急で初めて採用。カーブでは車体を1.5度傾ける。振り子式のE351系と比べ、カーブでの乗り心地がより改善されるという。

編成は12両で、基本編成が9両、付属編成が3両の構成。号車番号は新宿寄りから1~3号車(付属編成)、4~12号車(基本編成)の順で、9号車がグリーン車となる。E351系は基本編成8両と付属編成4両の12両だったが、乗車率を考慮して編成の構成を変えた。

普通車、グリーン車とも全席にパソコンを置けるテーブルと電源コンセントを設けたほか、客室には空気清浄機を設置。室内照明はJR東日本の在来線特急として初めて、LED(発光ダイオード)の間接照明を採用した。デッキには防犯カメラも取り付けている。

編成全体での座席数は686席(普通車656人、グリーン車30人)で、ハンドル型車いす対応の大型トイレや多目的室を設置したことにより、E351系と比べやや減少した。

今回の車両は量産先行車のため、試運転の結果などによって仕様は変更する可能性があるという。今後は2016年1月末まで、車体傾斜装置など各種の試験を行う予定だ。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

    西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

  2. 東武、昭和の蒸気機関車時代…面影残す千住のレール[フォトレポート]

    東武、昭和の蒸気機関車時代…面影残す千住のレール[フォトレポート]

  3. 日本製車両のバンコク都市鉄道新路線、ガラガラで運賃値下げ検討

    日本製車両のバンコク都市鉄道新路線、ガラガラで運賃値下げ検討

  4. JR北海道、石勝線の夕張支線を廃止へ…沿線自治体が廃止「容認」

  5. 北陸新幹線乗り入れ、敦賀駅大改造プラン…動く歩道でつなぐホーム

  6. JR東日本、高崎支社の211系をリニューアル

  7. 北陸新幹線は在来線特急の3倍…JRが利用状況を発表

  8. 姫路モノレール開業50周年でシンポジウム 9月22日

  9. JR唯一の急行『はまなす』がラストラン…北海道から夜行列車が消える

  10. 「トワイライトエクスプレス瑞風」先頭車、宮原操入り---展望デッキ付き

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら