ポルシェ が11年連続第1位、米国魅力度調査ブランド別…JDパワー

自動車 ビジネス 海外マーケット

ポルシェ ケイマン
  • ポルシェ ケイマン
  • ポルシェ カイエン
  • ポルシェ マカン
米国の民間調査会社、JDパワー社は7月22日、「2015年米国自動車商品魅力度(APEAL)調査」の結果を公表した。ブランド別の満足度ランキングでは、ポルシェが11年連続で第1位となった。

この調査は今年で20回目。2015年モデルの新車を購入した顧客を対象に、新車購入から90日が経過した時点で、愛車の魅力について質問している。質問項目は、性能、デザイン、装備など。調査は2015年2-5月にアンケート方式で行い、8万4000人以上から回答を得た。

調査は1000点満点で、ポイントの多い順にランキング。ブランド別の結果(業界平均値以上)は、以下の通り。

1. ポルシェ(874点)
2. ジャガー(855点)
3. BMW(854点)
4. メルセデスベンツ(853点)
5. アウディ(852点)
6. ランドローバー(843点)
7. リンカーン(842点)
8. キャデラック(838点)
9. インフィニティ(835点)
10. レクサス(831点)
11. MINI/ボルボ(825点)※同率
12. アキュラ(810点)
13. ヒュンダイ(809点)
14. フォルクスワーゲン(806点)
15. GMC(804点)
16. ラム(803点)
17. ビュイック(801点)
18. フォード/キア(798点)※同率

業界平均値は798点

ポルシェは11年連続の第1位。前回調査に対して、得点は8ポイント後退したものの、874点と2位に19ポイントもの差をつけた。ポルシェは部門別でも、コンパクトプレミアムスポーティカー部門で『ケイマン』、コンパクトプレミアムSUV部門で『マカン』、ミッドサイズプレミアムSUV部門で『カイエン』が、それぞれ第1位に選出されており、高い魅力度が評価を受けた。

また、ジャガーは前回同様の2位。BMWは前回5位から3位へ、メルセデスベンツは前回7位から4位へ上昇。一方、レクサスは、前回6位から10位へ後退している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

    日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

  2. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

    ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  3. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  4. 三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

  5. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  6. スタッドレスタイヤ購入先、オートバックスが2年連続トップ

  7. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

  8. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  9. 多胡運輸が破産、首都高のローリー火災事故で損害賠償32億円

  10. 【Amanekチャンネル】1kmメッシュ気象警戒予測情報の提供開始…日本初

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら