JR東日本の渋谷駅改良工事、9月から本格化…埼京線移設は2020年春

鉄道 企業動向

JR東日本は7月14日、渋谷駅(東京都渋谷区)改良工事の本体工事に着手すると発表した。埼京線ホームの移設や駅コンコースの拡充、バリアフリー設備の整備、山手線ホームの1面2線化、東西自由通路の整備を実施する。2014年4月から準備工事に着手しているが、このほど工事計画がまとまったのを受け、9月から本体工事に着手する。

埼京線や湘南新宿ラインなどの列車が発着する埼京線ホームは現在、駅の南側に設置されているが、これを北側へ約350m移設。山手線ホームの東側に隣接させることで、山手線や他社線との乗換えを改善する。移設後のホームの幅は最大で12mになる。現在は内回りと外回りで分かれている山手線ホームも統合し、1面2線の島式ホームに改築する。ホームの幅は最大で16mになる。

このほか、1階部分と3階部分の駅構内コンコースを拡充し、他社線との乗換えルートの改善を図る。また、1・3階コンコースと山手線・埼京線各ホームを結ぶエレベーターも整備する。東西自由通路は1階の北側と中央部に整備。幅は北側が22m、中央部が23mになる。

全体の完成は2027年度の予定だが、これに先立ち2020年春には埼京線ホームの移設を実施するほか、改札内のバリアフリー設備の整備や他社線との乗換えルートの改善を図る予定だ。

渋谷駅とその周辺部ではJR駅の改良工事のほか、東京地下鉄(東京メトロ)銀座線ホームの移設工事や、高層ビルの建設を含む再開発工事が進められている。JR線の東側に東棟、西側に西棟が整備され、JR線の上方空間にも東西両棟をつなぐ形になる中央棟が整備される。東棟は2019年度、中央棟と西棟は2027年に完成する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

    JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

  2. JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

    JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

  3. 東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

    東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

  4. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  5. JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

  6. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  7. 阪神電鉄、5700系で初のブルーリボン受賞…ローレル賞は仙東HB-E210系など

  8. 西武鉄道、新宿線中井駅の改札を地下に移動…バリアフリー化で国の基準を達成

  9. JR東日本、東北本線で平泉世界遺産登録5周年記念のラッピング車運転…701系を装飾

  10. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

アクセスランキングをもっと見る