【トヨタ シエンタ 新型発表】ハイブリッド新設定「ガソリン車とは違った味付けに」

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
トヨタ自動車が7月9日に発表した新型『シエンタ』には新たにハイブリッドモデルが設定された。燃費性能は27.2km/リットルと3列ミニバンでトップを実現している。

新型シエンタのチーフエンジニアを務める製品企画本部の粥川宏氏は「シエンタを長く売ってきたが、『なぜハイブリッドがないの』という声が販売店に一番多く寄せられていたので、そこにまずはお応えした」と、ハイブリッド車を設定した背景を語る。

だが、ガソリン車も新開発1.5リットルエンジンの採用で、クラストップとなる20.6 km/リットルの低燃費を達成、ハイブリッド車に肉迫している。

この点について粥川チーフエンジニアは「ガソリンエンジンがかなり大きく燃費があがり、20km/リットルを超えてきたので、そこはある意味、仕方ないところだと思う」と認めつつも、「ハイブリッドは走り方によっては非常に伸びる車なので、例えば街中を中心に走るシチュエーションではハイブリッドのメリットがよりたくさん出てくる」と解説する。

さらに「車の特性でいうとハイブリッドはより質感の高い乗り味になる。それは(ハイブリッド用電池搭載で)重心がかなり低くなっていることもあるし、『プリウスα』で採用したピッチング制御も入れているので、ガソリンエンジンとはちょっと違った味付けになっている。あとはハイブリッド自体のプレミアム感もあるので、シニアの方やダウンサイザーに使って頂ける車になっている」とも。

その上で「逆にガソリンエンジンの方はお手頃な価格で若いファミリーの方に使って頂きたいということで、性格をわけた」と話していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

    歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  2. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

    【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  3. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  4. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  6. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  8. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  9. スバル WRX S4 / STI 一部改良、インテリアの質感や静粛性を向上

  10. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら