【トヨタ シエンタ 新型発表】ハイブリッド新設定「ガソリン車とは違った味付けに」

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG
トヨタ自動車が7月9日に発表した新型『シエンタ』には新たにハイブリッドモデルが設定された。燃費性能は27.2km/リットルと3列ミニバンでトップを実現している。

新型シエンタのチーフエンジニアを務める製品企画本部の粥川宏氏は「シエンタを長く売ってきたが、『なぜハイブリッドがないの』という声が販売店に一番多く寄せられていたので、そこにまずはお応えした」と、ハイブリッド車を設定した背景を語る。

だが、ガソリン車も新開発1.5リットルエンジンの採用で、クラストップとなる20.6 km/リットルの低燃費を達成、ハイブリッド車に肉迫している。

この点について粥川チーフエンジニアは「ガソリンエンジンがかなり大きく燃費があがり、20km/リットルを超えてきたので、そこはある意味、仕方ないところだと思う」と認めつつも、「ハイブリッドは走り方によっては非常に伸びる車なので、例えば街中を中心に走るシチュエーションではハイブリッドのメリットがよりたくさん出てくる」と解説する。

さらに「車の特性でいうとハイブリッドはより質感の高い乗り味になる。それは(ハイブリッド用電池搭載で)重心がかなり低くなっていることもあるし、『プリウスα』で採用したピッチング制御も入れているので、ガソリンエンジンとはちょっと違った味付けになっている。あとはハイブリッド自体のプレミアム感もあるので、シニアの方やダウンサイザーに使って頂ける車になっている」とも。

その上で「逆にガソリンエンジンの方はお手頃な価格で若いファミリーの方に使って頂きたいということで、性格をわけた」と話していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

    【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  2. これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

    これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

  3. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

    ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  4. 米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

  5. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  6. 日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

  7. ホンダ NSX 新型、欧州仕様は581馬力で確定

  8. ランボルギーニ アヴェンタドール に名車「ミウラ」仕様…限定50台がほぼ完売

  9. 【三菱 ランエボ 最終モデル】限定台数1000台を完売、納車を開始

  10. ダイハツ、マレーシアでAセグメントセダン べザ を発売…軽で培った技術を投入

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら