「釣りやすさ」追求、ヤマハの新型フィッシングボート「F.A.S.T.23」

船舶 企業動向

ヤマハF.A.S.T.23
  • ヤマハF.A.S.T.23
ヤマハ発動機は、釣りやすさと機能性を追及したフィッシングボート『F.A.S.T.23』を開発し、7月1日から発売すると発表した。

F.A.S.T.23は、『F.A.S.T.26』と同様のW.T.B.(ウェーブ・スラスター・ブレード)とフラットキールを融合させた船底形状を採用した。風流れを抑えるほか、水線長を長めにとることで、乗り心地の改善、軽快な走行性能を実現した。

排水溝を排除したフラットウォークアラウンドタイプのデッキを採用し、バウ&アフトデッキも乗り降りのしやすいフラット形状としている。広めのアフトデッキにイケス兼用の凸型の着座スペースを備えるなど釣りやすさを追求した。

風雨の遮るハードトップを標準装備し、開放感と快適性を備えたエアインテークをオプション設定する。フラットキール船型を採用し、浜座りを可能とし、多様な保管スタイルに対応する。

エンジンはヤマハ4ストローク船外機「F115」と「F90」の2バリエーションを設定する。

販売計画は初年度80隻。価格はF90エンジン仕様が324万5040円、F115エンジン仕様が344万5250円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

    新造船「ガンツウ」で瀬戸内海クルーズ 2017年9月から

  2. 最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

    最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

  3. 国際ヨットレース日本艇の建造にヤマハ発動機が参加…アメリカズカップ

    国際ヨットレース日本艇の建造にヤマハ発動機が参加…アメリカズカップ

  4. クルーズ船の寄港回数が56%増の933回 2016年上半期

  5. 佐渡汽船、新潟~両津航路で無料Wi-Fiサービスの提供を開始

  6. 川崎汽船、日立の英国向け都市間高速鉄道を積載したRORO船が処女航海

  7. 商船三井フェリー、大洗=苫小牧航路の運賃が期間限定で半額…就航30周年記念

  8. 【ジャパンボートショー16】不沈ボートを開発、6月から販売開始…沖縄の中小企業

  9. 世界遺産が期待する1時間30分、新造船「おがさわら丸」「ははじま丸」の就航

  10. 三菱重工、16気筒ディーゼルとガスエンジンの生産・販売が1万台を達成

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら