【メルセデス AMG C63 発表】直噴ツインターボで最高510ps…1195万円から

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス-AMG C63S セダン
  • メルセデス-AMG C63S セダン
  • メルセデス-AMG C63S ワゴン
  • メルセデス-AMG C63
  • メルセデス-AMG C63
  • メルセデス-AMG C63S ワゴン
  • メルセデス-AMG C63S
  • 4リットルV8直噴ツインターボエンジン
メルセデス・ベンツ日本は5月27日、新型『Cクラス』の頂点に立つ高性能モデル「メルセデスAMG C63(セダン/ステーションワゴン)」を発表し、注文受付を開始した。発売は10月頃の予定。

新型AMG C63は、現行の自然吸気6.3リットルV8ガソリンエンジンに対し、4リットルV8直噴ツインターボエンジンを搭載。標準グレードのC63は最高出力476ps、最大トルク650Nmを、高性能バージョンのC63Sは最高出力510ps、最大トルク700Nmを発生する。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトMCT7を採用。燃費を優先する「C(Comfort)」、スポーティなドライビングが愉しめる「S(Sport)」「S+(Sport Plus)」、様々なパラメーターを個別に設定できる「I(Individual)」の4つのモードを設定。また、C63S専用の「RACE」モードでは、サーキット走行のためにすべてのパラメーターが変更される。

ボディシェルには、アルミニウム使用率を約50%に高めながら、高張力鋼板などを適材適所に組み合わせた軽量高剛性アルミニウムハイブリッドボディを採用。重心位置の低下によるスポーティかつ俊敏なハンドリング、NVH(騒音、振動、ハーシュネス)特性の最適化など、数多くのメリットをもたらしている。

足回りでは、フロントが4リンク式、リアがマルチリンク式の「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を採用。四輪それぞれの減衰特性をボタンひとつで調整できる電子制御ダンピングシステムを採用し、AMGダイナミックセレクトスイッチまたは専用ボタンにより「Comfort」「Sport」「Sport Plus」の3つのモードから減衰特性を選択することができる。

エクステリアでは、V8エンジンを搭載するために通常のCクラスに比べ左右それぞれ15mm張り出したフェンダー、60mm延長したフロントオーバーハングと、ボンネットのパワードームが力強いプロポーションを生み出している。インテリアでは、グリップ部に吸湿性に優れたDINAMICA素材を採用するステアリングや、ホールド性を高めたAMGスポーツシートを装備する。

価格は1195万円から1405万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

    歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  2. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  3. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

    【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  6. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  8. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  9. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  10. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら