【新聞ウォッチ】マツダの公式SNSサイト、トヨタとの提携強化賛否を問う書き込みで炎上

モータースポーツ/エンタメ 出版物

マツダ 公式Facebookページ
  • マツダ 公式Facebookページ
  • トヨタとマツダ、業務提携へ基本合意(トヨタ豊田章男社長とマツダ小飼雅道社長)
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2015年5月19日付

● ルノーと提携見直し不要、日産・ゴーン社長、仏政府の関与強化で(読売・8面)

●トヨタとの提携強化、マツダ公式FBに心配の声「らしさ、なくさなくさないで」(朝日・9面)

●新国立計画見直し、競技場建設費高騰で、開閉式屋根五輪後 客席一部仮設(毎日・1面)

●オスプレイ着陸失敗、米に飛行停止求めず、政府(東京・1面)

●都営新宿線、12代目の新型車両きょうから(東京・22面)

●スカイマーク再建、2行、三分の一超出資へ、政投銀・三井住友、拒否権を確保(日経・1面)

●ホンダ系部品、生産集約、エイチチワン、埼玉の工場閉鎖(日経・13面)

●上場企業、7年ぶり最高益、自動車や電機けん引、円安追い風、純利益も最高(日経・15面)

●一目均衡、トヨタが投じる一石(日経・15面)


ひとくちコメント

トヨタ自動車とマツダが業務提携を強化すると発表した直後から、マツダの交流サイトの公式ページに、一般ユーザーなどから賛否を問う書き込みが相次いでいるそうだ。

トヨタの豊田章男社長とマツダの小飼雅道社長が共同会見をした5月13日夜から18日午後4時までにマツダの交流サイトに寄せられた書き込みの数は529件にものぼったという。ちなみに、トヨタの書き込みはわずか23件。

きょうの朝日がその書き込みの一部を取り上げているが、それによると「10%の熱狂的なファンのためのクルマを作り続けて」「悪い意味でトヨタっぽくならないことを祈る」などが多いという。また、「日本の自動車業界の新しい展開」という期待もあるが、朝日は「マツダが最大手のトヨタに『のみこまれる』ことを心配する声が目立っている」と指摘する。

会社の規模を比べても、トヨタは売上高27兆円、営業利益2兆7500億円に対して、マツダは売上高がわずか3兆円、営業利益は2000億円強。熱狂的なマツダファンが「庇を貸して母屋を…」などと気をもむのも無理もない話。だが、マツダのベテラン幹部は「うちは、あの米フォードさんとも長い間親しくお付き合いした経験があり、心配はご無用」と言い切る。

なるほど、ドライでしたたかさではトヨタよりもフォードのほうが数段上手。明日20日は、いよいよ4代目の新型『ロードスター』のお披露目だが、開発をめぐっては当初フォードとの葛藤も多くみられたという。その壁を乗り越えるためには、3代目のモデルチェンジから10年間もファンを待たることにもなったようだ。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】12時間経過:雹が降り赤旗中断、波乱の展開も日本勢は力強く周回

    【ニュル24時間 2016】12時間経過:雹が降り赤旗中断、波乱の展開も日本勢は力強く周回

  2. 日産×三菱提携が生む新車を大予想…ベストカー2016年6月26日号

    日産×三菱提携が生む新車を大予想…ベストカー2016年6月26日号

  3. 浅間ヒルクライム2016開催、60年代モデルから最新マクラーレンまで120台が走る…29日まで

    浅間ヒルクライム2016開催、60年代モデルから最新マクラーレンまで120台が走る…29日まで

  4. 【スーパーフォーミュラ 第2戦】雨でセーフティカー先導走行だけの決着に…石浦宏明が今季初勝利

  5. オーナーズイベントにフェラーリ、ランボルギーニ200台以上が集結…富士スピードウェイ

  6. 【INDYCAR】2016年開催スケジュール…第100回インディ500は5月29日決勝

  7. 【スーパーフォーミュラ】9月の九州オートポリス戦は中止…代替については調整中

  8. 【第100回 INDY500】 佐藤琢磨「フィーリングがぜんぜん着いて来ない」…カーブ・デイ

  9. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『ADVAN GAL』

  10. 【ニュル24時間 2016】9号車メルセデスAMGがポールポジション、日本勢もクラス優勝ねらう

アクセスランキングをもっと見る