【メルセデス AMG GT 日本発表】「究極の」新ブランドから新型スポーツカー、価格は1580万円から

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス AMG GT。左はメルセデスAMGトビアス・ムアース社長、右はメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長
  • メルセデス AMG GT。左はメルセデスAMGトビアス・ムアース社長、右はメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長
  • メルセデス AMG GT
  • メルセデス AMG GT
  • メルセデス AMG GT
  • メルセデス AMG GT
  • メルセデス AMG GT
  • メルセデス AMG GT
  • メルセデスAMGトビアス・ムアース社長
メルセデス・ベンツ日本は8日、レース技術を盛り込んだ新型スポーツカー『メルセデス AMG GT』を発表した。高性能モデルの『GT S』は5月中旬、ベースモデルの『GT』は9月以降の発売となる。

メルセデス AMG GTは、生産終了を発表した『SLS AMG』に続く、メルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカーの第2弾。「Handcrafted by Racers.」をスローガンに掲げ、ポルシェ『911』クラスとのスポーツカーとの競合を想定する。

パワーユニットは、新開発のAMG4.0リットルV8直噴ツインターボエンジンを搭載。GTは最高出力462ps、最大トルク600Nm、GT Sは最高出力510ps、最大トルク650Nmを発揮する。GT Sはパワーウエイトレシオ3.08、0-100km/h加速3.8秒を実現した。

トランスミッションは7速デュアルクラッチの「AMGスピードシフトDCT」を採用。ドライバーのアクセルワークに瞬時に反応し、シームレスな加速を実現する。「C(Comfort)」「S(Sport)」「S+(Sport Plus)」の3つのシフトモード、様々なパラメーターを個別に設定できる「I(Individual)」を設定。GT Sには、サーキット走行のための「RACE」モードも搭載する。

ボディには、アルミニウムを中心とする素材を適材適所に配置することで、軽量でありながら高い強度を実現したアルミニウムスペースフレームを採用。さらにフロントミッドシップエンジンとトランスアクスルレイアウトのトランスミッションにより、理想的な47:53の前後重量配分を実現した。

一方、メルセデスの安全運転支援システム「レーダーセーフティ」や350リットルの容量を確保したラゲッジルームなど、スポーツカーでありながら日常の快適性と高い安全性も実現している。

価格はメルセデス AMG GTが1580万円、メルセデス AMG GT Sが1840万円。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は、メルセデス AMG GTを「メルセデス・ベンツのブランドヒーロー」と表現し、これをフラッグシップとしたイメージ戦略をおこなっていくと話した。

また今回の発表と同時に、「究極のハイパフォーマンスを追求する」ブランドとして、新たに「メルセデスAMG」ブランドを独立させることも明らかにしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 出た!スズキ スイフト 次期型、衝撃のフロントマスク[写真12枚]

    出た!スズキ スイフト 次期型、衝撃のフロントマスク[写真12枚]

  2. メルセデス Eクラス 新型 に「オールテレーン」…SUV派生へ

    メルセデス Eクラス 新型 に「オールテレーン」…SUV派生へ

  3. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】自動運転技術充実「さらに進歩させた」

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】自動運転技術充実「さらに進歩させた」

  4. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  5. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  6. ランボルギーニ アヴェンタドール 最後の改良!? エアロ刷新

  7. スバル XVハイブリッド、STIコンプリートモデルの先行予約を開始

  8. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  9. アウディ R8 スパイダー 新型、欧州受注を開始…0‐100km/h加速3.6秒のオープンエア

  10. アストンマーティン DB9、生産終了…13年の歴史に幕

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら