水を使わず消火…未来の消防車「Habot-mini」がカッコ良すぎる[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

モリタの水を使わない消防車『Habot-mini(ハボットミニ)』
  • モリタの水を使わない消防車『Habot-mini(ハボットミニ)』
  • モリタの水を使わない消防車『Habot-mini(ハボットミニ)』
  • モリタの水を使わない消防車『Habot-mini(ハボットミニ)』
  • モリタの水を使わない消防車『Habot-mini(ハボットミニ)』
  • モリタの水を使わない消防車『Habot-mini(ハボットミニ)』
  • モリタの水を使わない消防車『Habot-mini(ハボットミニ)』
  • モリタの水を使わない消防車『Habot-mini(ハボットミニ)』
  • モリタの水を使わない消防車『Habot-mini(ハボットミニ)』
消防車メーカーのモリタが4月に発表した『Habot-mini(ハボットミニ)』は、水を使わず、災害現場の空気から窒素濃度を高めた気体(NEA)によって消火活動をおこなう未来型消防車のミニチュア・デザインコンセプトだ。6月のドイツでの公開を前に、詳細画像を大量入手したので紹介する。

ハボットミニは、2014年9月に発表されたNEAシステムを搭載した消防車『Miracle N7(ミラクル N7)』をモデルとしたデザインコンセプト。ミラクル N7は、水の確保が困難な大規模地震時にも対応可能な消防車として開発。空気中から窒素濃度を高めた気体(NEA)を造り水の代わりとすることで、既設消防設備のバックアップ消火設備や、災害時における可燃性ガス発生時の爆発防止(希釈)設備としても使用できるという。

さらに、窒素富化空気濃度がコントロールできるため、短時間では人体にほとんど影響がなく、かつ燃焼できない酸素濃度(12.5%)を維持。石油備蓄基地や特に水損被害が危惧される博物館、美術館、重要文化財、データセンターなどでの「燃えない空間づくり」への利活用も可能だとしている。

このミラクル N7の機能をそのままに、デザイン性を追求したのがハボットミニだ。ミニチュアモデルなので、ボディサイズは全長850mm×全幅590mm×全高450mmと乗用車に比べるとはるかにコンパクト。一見、ロボット掃除機のようにも見えるが、実用性は徹底して追求されている。

ボディ上部に「ハの字」型に並べられた4本の窒素分離膜と、ボディ後端(ハニカム状のメッシュ部分)にコンプレッサーを装備。これらがNEAを生成し、フロント部分に取り付けられた600mmのホースから連続的にNEAを放出することができる。すっきりとした可愛らしいボディとは対照的に、4つのタイヤはバギーのように迫力あるものが装着され、走破性の高さをうかがわせる。また、ボディ前後には持ち手が付いており、車両重量は50kgなので楽々、とはいかないまでも持ち運びをすることも可能なようだ。

ちなみに名前の「Habot-mini(ハボットミニ)」は、賢くて主人に忠実な可愛い子犬「ハチ公」をイメージして付けられたものだとか。

ハボットミニは、6月8日から独ハノーバーで開催される消防防災展「インターシュッツ2015」で公開。展示会場では、災害現場を想定した消火の実演も行う。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ポルシェジャパン、新型パナメーラ の予約受注を7月28日に開始…1591万円から

    ポルシェジャパン、新型パナメーラ の予約受注を7月28日に開始…1591万円から

  2. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

    日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  3. メルセデス AMG E63 S、これが612馬力の心臓だ!

    メルセデス AMG E63 S、これが612馬力の心臓だ!

  4. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

  5. ルノー メガーヌCC 次世代型、市販モデルはこうなる

  6. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  7. ジープ、生誕75周年記念モデルの第2弾を発売…ラングラーとグランドチェロキー

  8. シトロエン C3 新型の画像リーク、「エアバンプ」が見えた…正式発表せまる

  9. 【グッドウッド16】ロールス ゴースト に603馬力の「ブラック」…ヒルクライムに

  10. ポルシェ パナメーラ 新型、初公開…4.0ツインターボは550馬力

アクセスランキングをもっと見る