ホンダ NSX 新型、V6エンジンは3.5リットルに決定

自動車 ニューモデル 新型車

アキュラ NSX 市販モデル
  • アキュラ NSX 市販モデル
  • アキュラ NSX 市販モデル
  • 新型 ホンダ NSX の量産モデル
  • アキュラ NSX 市販モデル
  • アキュラ NSX 市販モデル
  • アキュラ NSX 市販モデル
  • 新型 ホンダ NSX の量産モデル
ホンダが、2015年内に発売予定の新型『NSX』。同車に関して、エンジンの排気量が決定した。

これは4月23日、ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラが米国で開催中の「SAE(自動車技術者協会)2015国際会議&展示会」で明らかにしたもの。新型NSXのエンジン排気量について、「3.5リットル」と発表している。

新型NSXは2015年1月、デトロイトモーターショー15において初公開。新型NSXは、軽量ボディのミッドシップに、排気量は未公表ながら、「新開発の直噴V型6気筒ツインターボエンジンを搭載する」、としていた。

さらに、高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム、「スポーツハイブリッド SH-AWD」を採用。このスポーツ ハイブリッド SH-AWDを、直噴V型6気筒ツインターボエンジンと、高効率モーターを内蔵した9速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わせる。

前輪の左右を独立した2つのモーターを使い、四輪の駆動力を自在に制御するトルクベクタリングを可能にする電動式4WDハイブリッドとなるのが特徴。エンジンとモーターを合わせた新型NSXのトータル出力は、550hp以上。

今回、アキュラは、新型NSXのエンジン排気量を3.5リットルと発表。新型NSXのチーフエンジニア、テッド・クラウス氏は、「目標は、初代NSXの精神を受け継ぎながら、新しく、エキサイティングで先進のコンセプトを備えた次世代スーパーカーを作ること」とコメントしている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品