【ホンダ ステップワゴン 新型発表】1.5リットルVTECターボ搭載…228万8000円から

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ ステップワゴン 新型 発表会
  • ホンダ ステップワゴン 新型 発表会
  • ホンダ ステップワゴン 新型
  • ホンダ ステップワゴン 開発責任者の袴田仁氏
  • ホンダ ステップワゴン スパーダ 新型
  • ホンダ ステップワゴン スパーダ 新型
  • ホンダ ステップワゴン 新型
  • ホンダ ステップワゴン 新型
  • ホンダ ステップワゴン 新型
ホンダは、新型『ステップワゴン』『ステップワゴン スパーダ』を4月24日に発売する。

5代目となる新型ステップ ワゴンは、ホンダ初の採用となる直噴1.5リットルVTECターボエンジンを搭載。最高出力150ps、最大トルクは203Nm、常用域で2.4リットルエンジン並みのトルクを発生する。新開発のCVTとの組み合わせで、力強くスムーズな加速と、高い静粛性を両立し、ミニバンに求められる多人数での乗車時や坂道などでも、余裕のある走りを実現する。さらに、クラストップレベルとなる17.0km/リットル(ステップワゴンG/B FF・JC08モード)という優れた燃費性能を達成した。

また、クラス最大級の室内空間を実現し、大開口のテールゲートに横開き式のサブドアを備えた独自機構の「わくわくゲート」を採用。3列目のシートを左右に分割して床下格納できる「マジックシート」との組み合わせで、テールゲートを開けることなく横開き式のサブドアから3列目シートへ乗り降りできるほか、荷物の出し入れなども容易となっている。

外観は、躍動感、未来感を加えながら、ボックススタイルの楽しさ、美しさを追求。わくわくゲートの新しさを、左右非対称のデザインで表現した。またステップ ワゴンはリアから、ステップ ワゴン スパーダはフロントからデザインすることで、それぞれの個性を際立たせた。

安全面では、歩行者まで検知対象とした安全運転支援システム「ホンダ センシング」を搭載。高い安心感を提供する。

全長4690mm(スパーダは4735mm)×全幅1695mm×全高1840mm(4WDは1855mm)。

価格はステップワゴンが228万8000円から280万4000円、ステップワゴン スパーダが272万5000円から308万1400円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  2. 【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

    【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

  3. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

    VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  7. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

  9. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  10. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら