JR東日本、南武線205系もインドネシアに譲渡へ | レスポンス(Response.jp)

JR東日本、南武線205系もインドネシアに譲渡へ

鉄道 企業動向

南武線の従来車205系(左)と新型車E233系8000番台(右)。横浜線や埼京線に続き、南武線の205系もE233系の投入に伴いインドネシアに譲渡される。
  • 南武線の従来車205系(左)と新型車E233系8000番台(右)。横浜線や埼京線に続き、南武線の205系もE233系の投入に伴いインドネシアに譲渡される。
  • 今回譲渡されるのは南武線の205系120両。4月下旬から譲渡を開始する。
  • ジャカルタの都市鉄道には既に356両の205系がJR東日本から譲渡されている。写真はジャカルタの街を走る205系。
  • ジャカルタの都市鉄道には既に356両の205系がJR東日本から譲渡されている。写真はジャカルタの街を走る205系の車内の様子。
JR東日本は4月20日、南武線で使用してきた205系電車を、インドネシアのジャカルタ首都圏鉄道会社(ジャボタベック社)に譲渡すると発表した。

ジャボタベック社はインドネシアの首都・ジャカルタの都市鉄道を運営している鉄道会社。2000年以降は日本の鉄道事業者の中古車両が大量に投入されており、東京都交通局の都営三田線6000形やJR東日本の103系、東京地下鉄(東京メトロ)の東西線5000系、東京急行電鉄(東急)の8000系などがジャボタベック社に譲渡されている。

JR東日本は2013年から、E233系7000番台の投入で余剰となった埼京線の205系をジャボタベック社に譲渡。続いて2014年にも、横浜線へのE233系6000番台投入に伴い余剰になった205系の譲渡を開始し、既に356両の205系がJR東日本からジャボタベック社に譲渡されている。今回は南武線の205系120両について、4月下旬から譲渡を開始する予定。運転士による車両の点検や整備に関する支援も引き続き実施する。

南武線では2014年10月からE233系8000番台の営業運行が始まり、本年度中に6両編成35本が投入される予定。これに伴い従来車の205系が順次、E233系8000番台に置き換えられている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品