JR東日本、南武線205系もインドネシアに譲渡へ

鉄道 企業動向

南武線の従来車205系(左)と新型車E233系8000番台(右)。横浜線や埼京線に続き、南武線の205系もE233系の投入に伴いインドネシアに譲渡される。
  • 南武線の従来車205系(左)と新型車E233系8000番台(右)。横浜線や埼京線に続き、南武線の205系もE233系の投入に伴いインドネシアに譲渡される。
  • 今回譲渡されるのは南武線の205系120両。4月下旬から譲渡を開始する。
  • ジャカルタの都市鉄道には既に356両の205系がJR東日本から譲渡されている。写真はジャカルタの街を走る205系。
  • ジャカルタの都市鉄道には既に356両の205系がJR東日本から譲渡されている。写真はジャカルタの街を走る205系の車内の様子。
JR東日本は4月20日、南武線で使用してきた205系電車を、インドネシアのジャカルタ首都圏鉄道会社(ジャボタベック社)に譲渡すると発表した。

ジャボタベック社はインドネシアの首都・ジャカルタの都市鉄道を運営している鉄道会社。2000年以降は日本の鉄道事業者の中古車両が大量に投入されており、東京都交通局の都営三田線6000形やJR東日本の103系、東京地下鉄(東京メトロ)の東西線5000系、東京急行電鉄(東急)の8000系などがジャボタベック社に譲渡されている。

JR東日本は2013年から、E233系7000番台の投入で余剰となった埼京線の205系をジャボタベック社に譲渡。続いて2014年にも、横浜線へのE233系6000番台投入に伴い余剰になった205系の譲渡を開始し、既に356両の205系がJR東日本からジャボタベック社に譲渡されている。今回は南武線の205系120両について、4月下旬から譲渡を開始する予定。運転士による車両の点検や整備に関する支援も引き続き実施する。

南武線では2014年10月からE233系8000番台の営業運行が始まり、本年度中に6両編成35本が投入される予定。これに伴い従来車の205系が順次、E233系8000番台に置き換えられている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  2. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

    札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  3. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

    伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  4. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  5. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  6. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  7. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  8. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  9. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発のSL列車再び運転…7・8月の2日間

  10. 京急電鉄、久里浜線の延伸事業など凍結…三浦半島の人口減受け

アクセスランキングをもっと見る