JR東日本、南武線205系もインドネシアに譲渡へ

鉄道 企業動向

南武線の従来車205系(左)と新型車E233系8000番台(右)。横浜線や埼京線に続き、南武線の205系もE233系の投入に伴いインドネシアに譲渡される。
  • 南武線の従来車205系(左)と新型車E233系8000番台(右)。横浜線や埼京線に続き、南武線の205系もE233系の投入に伴いインドネシアに譲渡される。
  • 今回譲渡されるのは南武線の205系120両。4月下旬から譲渡を開始する。
  • ジャカルタの都市鉄道には既に356両の205系がJR東日本から譲渡されている。写真はジャカルタの街を走る205系。
  • ジャカルタの都市鉄道には既に356両の205系がJR東日本から譲渡されている。写真はジャカルタの街を走る205系の車内の様子。
JR東日本は4月20日、南武線で使用してきた205系電車を、インドネシアのジャカルタ首都圏鉄道会社(ジャボタベック社)に譲渡すると発表した。

ジャボタベック社はインドネシアの首都・ジャカルタの都市鉄道を運営している鉄道会社。2000年以降は日本の鉄道事業者の中古車両が大量に投入されており、東京都交通局の都営三田線6000形やJR東日本の103系、東京地下鉄(東京メトロ)の東西線5000系、東京急行電鉄(東急)の8000系などがジャボタベック社に譲渡されている。

JR東日本は2013年から、E233系7000番台の投入で余剰となった埼京線の205系をジャボタベック社に譲渡。続いて2014年にも、横浜線へのE233系6000番台投入に伴い余剰になった205系の譲渡を開始し、既に356両の205系がJR東日本からジャボタベック社に譲渡されている。今回は南武線の205系120両について、4月下旬から譲渡を開始する予定。運転士による車両の点検や整備に関する支援も引き続き実施する。

南武線では2014年10月からE233系8000番台の営業運行が始まり、本年度中に6両編成35本が投入される予定。これに伴い従来車の205系が順次、E233系8000番台に置き換えられている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

    北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

  2. JR北海道ネット予約、2017年2月頃に終了へ…JR東「えきねっと」に移行

    JR北海道ネット予約、2017年2月頃に終了へ…JR東「えきねっと」に移行

  3. 大井川鐵道、今年も「トーマス」重連特別列車…新キャラ「バスのバーティー」と並走

    大井川鐵道、今年も「トーマス」重連特別列車…新キャラ「バスのバーティー」と並走

  4. JR西日本、近畿エリアのべ300駅に「駅ナンバー」導入…券売機も対応

  5. 583系が東大宮操、E653系が京葉車セ…ディズニー客輸送列車の回送先

  6. 熊本地震で運休の南阿蘇鉄道、7月31日に一部再開…トロッコ列車も

  7. 函館本線山線経由の特急『ニセコ』運転 8月29日から

  8. JR東日本、ネット予約の切符受取場所を北海道全域に拡大…12月から

  9. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  10. 北海道新幹線、ゴールデンウィークの予約も前年の倍以上に

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら