ロールスロイス 初のSUV 、開発車両が姿を現す | レスポンス(Response.jp)

ロールスロイス 初のSUV 、開発車両が姿を現す

自動車 ニューモデル 新型車

ロールスロイス 初のSUVの開発車両
  • ロールスロイス 初のSUVの開発車両
  • ロールスロイス 初のSUVの開発車両
  • ロールスロイス 初のSUVの開発車両
英国の超高級車メーカー、ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)が、ブランド初のSUVとして開発中の新型車。その開発車両が姿を現した。

これは4月7日、ロールスロイスが明らかにしたもの。新型SUVの開発プロジェクトを、「CULLINAN」と命名すると同時に、初期段階の開発プロトタイプ車両の画像を初公開している。

ロールスロイスは2015年2月、新型SUVの開発計画を承認したと発表。世界中の顧客を満足させる信頼性と快適性を備えつつ、悪路走破性も追求したモデルになる、と公表していた。

開発プロトタイプ車両は、『ファントム シリーズ2』のボディを短くしたもの。これに、4WDや専用のサスペンションシステムを組み込んだ。大型のリアスポイラーも特徴。間もなく公道テストを開始する予定で、サスペンションや車高が引き上げられたボディの安定性などを確認していく。

同社は、「これは初期段階のテスト。最終段階では、ロールスロイスの持ち味のマジック・カーペットのような乗り心地を、オン/オフ両ロードで実現する」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品