盗難車ワースト1位が ハイエース から プリウス に…日本損害保険協会

自動車 社会 社会

盗難車ワースト1位のプリウス(右)と2位のハイエース(左)
  • 盗難車ワースト1位のプリウス(右)と2位のハイエース(左)
  • 自動車盗難実態調査
  • 車上ねらい・部品盗難実態調査
日本損害保険協会は、自動車盗難事故実態調査結果を発表した。調査は損害保険会社が2014年11月に保険金を支払った自動車盗難372件、車上ねらい・部品盗難626件を対象に実態調査したもの。調査は2000年から実施しており、今回が16回目。

自動車盗難では、車種別で2007年調査から7年連続でワースト1位だったトヨタ『ハイエース』の被害が148件から40件に大幅減少し、2位となった。ハイエースは、2012年5月発売モデルから盗難防止装置であるイモビライザが全車標準装備されたことが大幅減少の背景にあると見られる。

代わってワースト1位となったのはプリウスで、被害件数は前年同数だったものの、ハイエースの被害が減少したため。3位は前回調査と同じ『ランドクルーザー』。『アクア』の被害は前回調査の6件から23件に増加しワースト4位となった。

車齢別では、平均で7年6カ月で、前年比で3か月短くなった。これは初度登録から5年未満の車両盗難の割合が前年比12.9ポイント増加したため。

同協会では「アクアが4位にランクインしていることから、防盗性能が高められている最新車種でも被害に遭っており、市場流通量の多い人気車種は窃盗犯に狙われるリスクも高い。バー式ハンドルロックやセンサー式警報装置、GPS追跡装置など、複数の盗難防止装置を活用し自己防衛を行う必要がある」としている。

車上ねらい・部品盗難では、カーナビの被害割合が前年の26.4%から10.9%に大きく減少した。その一方で、バッグ類、外装部品(バンパー・ドアミラーなど)、タイヤ・ホイールなどの被害品の割合が増加した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

    国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  2. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

    ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  3. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

    ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  4. 国土交通省、自動車の安全対策に関する評価・分析方法を検討

  5. 訪日外客数、花見効果で初の200万人超、単月過去最高…3月

  6. 公共交通の事故被害者への支援計画、2015年度は35社が策定…累計88社

  7. 軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

  8. シフト入れ間違え、ペットショップに突っ込む

  9. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  10. 訪日外客数、熊本地震の影響あっても単月過去最高を更新…4月

アクセスランキングをもっと見る