【トヨタ カローラ 改良新型 発表】「キーンルック」採用で鋭く、スポーティに[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
トヨタ自動車は、小型セダン『カローラ アクシオ』を改良し、4月1日に発売する。価格は146万4873円から220万7127円。

今回の改良新型は、エクステリアを大幅刷新。トヨタ最新のデザイン哲学「キーンルック」を採用しよりスポーティな外観とした。ロアグリルを拡大したフロントバンパー、アッパーグリルからヘッドランプへ連続したメッキ加飾により、左右への広がりを強調し、モダンな外観をつくりあげた。

安全運転支援機能「トヨタ セーフティ センス C」をトヨタ車として初採用。レーザーレーダーとカメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立。衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)やレーンディパーチャーアラート(LDA)、オートマチックハイビーム(AHB)など、多面的な安全運転支援を実現する。

環境面では、2WD+CVTのグレードに、高熱効率・低燃費エンジンの1.5リットル新開発エンジン(2NR-FKE)を採用。JC08モード走行燃費23.4km/リットルを実現した。ハイブリッド車に採用しているアトキンソンサイクルのほか、VVT-iEなどを採用し、燃費と動力性能を高い次元で融合させた。

さらに、アイドリングストップ機能を標準装備。平成32年度燃費基準を達成するとともに、平成17年基準排出ガス75%低減レベルの認定取得とあわせ、「エコカー減税」の対象となる。

ボディサイズ(1.5Gグレード)は全長4400×全幅1695×全高1460mmで、最低地上高は155mm。室内寸法は長さ1945×幅1430×高さ1200mmとなっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

    ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  2. ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

    ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

  3. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

    マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  4. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  5. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  6. BMW 2シリーズ アクティブツアラー に創立100周年記念モデル…398万円

  7. メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

  8. DS 3 改良新型、6月1日発売…DS LEDビジョン装備など表情一新

  9. 【NEW環境展16】世界一車高が低いブルドーザー、高さはたったの50cm

  10. ホンダ S2000 後継車、2018年の創業70周年に合わせて登場か

アクセスランキングをもっと見る