【トヨタ カローラ 改良新型 発表】「キーンルック」採用で鋭く、スポーティに[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
  • カローラ アクシオ 改良新型
トヨタ自動車は、小型セダン『カローラ アクシオ』を改良し、4月1日に発売する。価格は146万4873円から220万7127円。

今回の改良新型は、エクステリアを大幅刷新。トヨタ最新のデザイン哲学「キーンルック」を採用しよりスポーティな外観とした。ロアグリルを拡大したフロントバンパー、アッパーグリルからヘッドランプへ連続したメッキ加飾により、左右への広がりを強調し、モダンな外観をつくりあげた。

安全運転支援機能「トヨタ セーフティ センス C」をトヨタ車として初採用。レーザーレーダーとカメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立。衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)やレーンディパーチャーアラート(LDA)、オートマチックハイビーム(AHB)など、多面的な安全運転支援を実現する。

環境面では、2WD+CVTのグレードに、高熱効率・低燃費エンジンの1.5リットル新開発エンジン(2NR-FKE)を採用。JC08モード走行燃費23.4km/リットルを実現した。ハイブリッド車に採用しているアトキンソンサイクルのほか、VVT-iEなどを採用し、燃費と動力性能を高い次元で融合させた。

さらに、アイドリングストップ機能を標準装備。平成32年度燃費基準を達成するとともに、平成17年基準排出ガス75%低減レベルの認定取得とあわせ、「エコカー減税」の対象となる。

ボディサイズ(1.5Gグレード)は全長4400×全幅1695×全高1460mmで、最低地上高は155mm。室内寸法は長さ1945×幅1430×高さ1200mmとなっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  2. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

    マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  3. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

    【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  4. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  5. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  7. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

  8. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

  9. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者「誰もが楽しめるスポーツカーを目指した」

  10. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら