【ホンダ S660 発表】19年ぶりの軽オープンスポーツ発売、価格は198万円から

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダの峯川尚専務執行役員(左)とS660開発責任者の本田技術研究所四輪R&DセンターLPL 椋本陵氏(右)
  • ホンダの峯川尚専務執行役員
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
ホンダは30日、軽オープンスポーツの新型車『S660』を4月2日に発売すると正式に発表した。ホンダの軽オープンスポーツは、1996年に生産を終了した『ビート』以来19年ぶり。2グレードを設定し、価格は198万円から。

S660のコンセプトは「心昂る Heart Beat Sport」。サーキットや高速道などの限られた条件下だけでなく、あらゆる場面で運転の楽しさを感じられるクルマをめざし開発された。

「ホンダならではの痛快なハンドリング」を実現するため、エンジンを運転席後方に搭載するミッドシップレイアウトを採用。シャシー、サスペンション、ブレーキなどの最適化のほか、思い通りのコーナリングを実現する「アジャイルハンドリングアシスト」を軽自動車で初めて取り入れた。横滑り防止システムを活用したもので、ハンドリング中にアシストが必要と判断するとコーナー内側に軽くブレーキを掛け、旋回の応答性を向上させる。

オープンモデルならではの安全性、剛性を確保するため、ボディ設計は徹底的にシンプル化。これにより補強を最小限にすることができるほか、軽量化にも貢献する。

エンジンは、「Nシリーズ」で採用されている660cc直列3気筒DOHCターボエンジンを改良して搭載。ターボチャージャーを新設計とすることで、スポーツカーらしいレスポンスを手に入れた。最高出力は64psながら、最大トルクは104Nmと力強さを増している。

トランスミッションは6速MTとパドルシフト付きCVTを設定。CVTは「SPORTモード」と「DEFAULTモード」の切り替えが可能で、ドライブバイワイヤ、車速とエンジン回転数の特性をスイッチひとつで選択することができる。

デザインはこれまで公開されてきたコンセプトほぼそのままの姿で登場。風を感じる楽しさや、視点の低さがもたらす非日常感を主眼に開発された。ルーフは手動による脱着式ソフトトップ「ロールトップ」を採用。左右から巻き寿司のようにたたむことができ、たたんだルーフはボンネットに収納する。

上級グレードの「α(アルファ)」とベースグレードの「β(ベータ)」を設定。それぞれに6速MT、CVTを設ける。価格はαが218万円、βが198万円。月間販売計画台数は800台だ。

ボディカラーは全6色。旧ビートをイメージした「カーニバルイエローII」も新色として用意した。インテリアカラーはαがライトグレー×ダークグレーとブラック、βがブラックのみ。

また、限定車として、コンセプトカーのデザインイメージを再現した「S660 コンセプトエディション」も限定660台で発売する。価格は238万円。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

    MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  2. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

    【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  3. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

    【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  4. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  5. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  6. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  7. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  8. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、市販の可能性も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら