【マツダ ロードスター 新型】初代より小型に、ベースは1トン切る990kg[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
マツダは20日、新型『ロードスター』の予約受付を開始した。価格は、249万2800円から。

4代目になった新型は、3代目まで続いたボディサイズ拡大路線から大きく舵を切り、原点回帰のコンパクト化。

ボディサイズは、全長3915×全幅1735×全高1235mm、ホイールベースは2310mm。先代(NC)と比べ、全長は105mm短く、15mm広く、10mm低い。初代(NA)の全長3955×全幅1675×全高1235mmと比べても全長が短く、よりワイド&ローなスタンスを保っている。

さらに、意のままのドライビングを実現するため車両重量に徹底的にこだわった。ベースグレードの”S”は1トンを切る、990kgに仕上がっている。

エンジンは、『アクセラ』などFFモデルに搭載されてきた、1.5リットル水冷直列4気筒SKYACTIVを搭載。最高出力は131ps/7000rpm、最大トルクは15.3kgm/4800rpmを発揮する。エンジンのボア×ストロークは74.5mm×85.8mmで圧縮比は13.0とした。燃費は17.2km/リットルを達成している。

さらに、新開発のFR用マニュアルトランスミッション「SKYACTIV-MT」を採用した。これは独自開発による、6速直結構造(6速のギア比が1.000)とするユニットだ。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

    【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  2. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

    【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  3. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

    テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  4. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  5. 【日産 セレナ 新型】ちょっとほしくなったかも…山本耕史が意味深発言?

  6. 【ホンダ NSX 新型】11年ぶりの復活…3年間でグローバル6000台の販売計画

  7. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  8. 【ホンダ NSX 新型】日本は全国133の認定店舗で扱い

  9. ホンダ NSX 新型、早くも納車待ちが2年…北米

  10. 【日産 セレナ 新型】オーテック、カスタムモデル や福祉車両を発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら