二輪車のABS義務化、ON/OFFスイッチの装備が前提

自動車 社会 行政

二輪車の先進制動システムに関する説明(国土交通省保安基準の改正より)
  • 二輪車の先進制動システムに関する説明(国土交通省保安基準の改正より)
二輪車の先進制動システムについて今年1月、国土交通省はABS(アンチロックブレーキシステム)またはCBS(コンバインドブレーキシステム)の義務付けを決めた。

ところが、この装着義務は、装置を常時作動させるものではなかった。ABSのオンオフスイッチの取り付けが可能だというのだ。

同省自動車局の担当者が10日、JIMA(日本輸入モーターサイクル協会)の会員向けに実施した説明会の中で語った。JIMAは二輪車の輸出入に関係するインポーターらが会員となり組織された業界団体。

その中で同技術政策課は「義務付けはABSのオンオフスイッチを規制するものでない」と述べた。これは何を意味するのか。

同課は、近年バリエーションを広げているデュアルパーパスモデルでの装着を一例としてあげる。小排気量から1200ccを超えるものまであり、高速道路走行もオフロード走行も楽しめる新しいジャンルだ。

「舗装路と不整地の両方で使えるモデルなどで走路の状態によって切り替えて走ることができるようにするため。スイッチは常に作動しない状態を維持するためではない」と、説明した。

ABSなどの装着義務化は、二輪車の死亡事故削減を目指したもので、排気量50cc以下の原付バイクなど一部を除き、ほぼすべての公道走行可能な車両が対象。新車では2018年から、継続モデルでも2021年から義務化される。

義務化による車両本体価格の上昇も懸念されている。
《中島みなみ》

関連ニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 「ポケモンGO」が原因の死亡事故で2人死亡

    「ポケモンGO」が原因の死亡事故で2人死亡

  2. 負傷したネコの保護を行っていた警官がひき逃げされて重傷

    負傷したネコの保護を行っていた警官がひき逃げされて重傷

  3. トンネル内で正面衝突、乗用車運転の89歳が死亡

    トンネル内で正面衝突、乗用車運転の89歳が死亡

  4. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

  5. 対向車2台と次々に接触や衝突、乗用車運転の79歳が死亡

  6. 【ロードサービス徹底比較】JAF vs 11社…かしこい選択は?

  7. ドリフト走行デモで事故、観客2人が重軽傷

  8. 転倒したバイクの運転者が死亡、後続車がひき逃げの可能性も

  9. 車両3台が関係する多重衝突、軽トラックの運転者が重体

  10. 信号待ち中に車道へ飛び出した女児、ひき逃げされ重傷

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら