アウディ、航続距離500kmの電気自動車を2018年に投入…新型SUVに

エコカー EV

アウディが2018年に投入予定のSUVタイプの電気自動車
  • アウディが2018年に投入予定のSUVタイプの電気自動車
  • 後続距離450kmを実現したアウディ R8 e-トロン
  • ルパート・シュタートラーCEO
  • アウディQ7 e-トロン
  • アウディが2018年に投入予定のSUVタイプの電気自動車
  • アウディR8とQ7 e-トロン
アウディはドイツ時間の10日に開催された2014年次報告会の中で、世界的に販売を押し上げた主力車種であるSUVラインアップの拡充を発表。さらに大型プレミアムセグメントに、航続距離500km以上を実現する、SUVタイプの電気自動車を2018年に市場投入することを明らかにした。

アウディは次世代環境対応技術として車両の電動化を進めている。直近ではジュネーブモーターショーで新型SUV『Q7』のプラグインハイブリッド車『Q7 e-トロン』、高性能スポーツカー『R8』の電気自動車仕様『R8 e-トロン』を発表した。特にR8は、バッテリー技術の改良により満充電で450kmの走行を可能とするなど、大幅な進化を遂げている。

今回の会見で、この電気自動車「e-トロン」のラインアップとして、2018年にSUVモデルが追加されることが明らかにされた。エンジンを搭載しない電気自動車でありながら、航続距離はR8 e-トロンをさらに上回り500km以上にもおよぶという。車名などは不明だが、「大型プレミアム・セグメントに投入する」としている。

大型プレミアム・セグメントのSUVといえば、今回アウディは新型車となる『Q8』を数年以内に発売することを明言しており、このQ8に電気自動車仕様のe-トロンが設定される可能性もある。

アウディはこのSUV(アウディは「スポーツ・アクティビティ・ビークル」と説明)のイメージ画像のみ公開している。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. トヨタ プリウスα のリコール、米国でも実施…約11万台が対象に

    トヨタ プリウスα のリコール、米国でも実施…約11万台が対象に

  2. 【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

    【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

  3. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

    【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

  4. 三菱リコール問題を一気読み

  5. トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

  6. 日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

  7. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  8. テスラCEO、つぶやきに株価が反応…新型EVの電池供給先巡り

  9. 【トヨタ プリウスPHV】本当にお得なのか?…津々見友彦

  10. 【カーテンエアバッグ効果実証】エアバッグなしは「頭が飛ぶ」

アクセスランキングをもっと見る