アウディ、航続距離500kmの電気自動車を2018年に投入…新型SUVに

エコカー EV

アウディが2018年に投入予定のSUVタイプの電気自動車
  • アウディが2018年に投入予定のSUVタイプの電気自動車
  • 後続距離450kmを実現したアウディ R8 e-トロン
  • ルパート・シュタートラーCEO
  • アウディQ7 e-トロン
  • アウディが2018年に投入予定のSUVタイプの電気自動車
  • アウディR8とQ7 e-トロン
アウディはドイツ時間の10日に開催された2014年次報告会の中で、世界的に販売を押し上げた主力車種であるSUVラインアップの拡充を発表。さらに大型プレミアムセグメントに、航続距離500km以上を実現する、SUVタイプの電気自動車を2018年に市場投入することを明らかにした。

アウディは次世代環境対応技術として車両の電動化を進めている。直近ではジュネーブモーターショーで新型SUV『Q7』のプラグインハイブリッド車『Q7 e-トロン』、高性能スポーツカー『R8』の電気自動車仕様『R8 e-トロン』を発表した。特にR8は、バッテリー技術の改良により満充電で450kmの走行を可能とするなど、大幅な進化を遂げている。

今回の会見で、この電気自動車「e-トロン」のラインアップとして、2018年にSUVモデルが追加されることが明らかにされた。エンジンを搭載しない電気自動車でありながら、航続距離はR8 e-トロンをさらに上回り500km以上にもおよぶという。車名などは不明だが、「大型プレミアム・セグメントに投入する」としている。

大型プレミアム・セグメントのSUVといえば、今回アウディは新型車となる『Q8』を数年以内に発売することを明言しており、このQ8に電気自動車仕様のe-トロンが設定される可能性もある。

アウディはこのSUV(アウディは「スポーツ・アクティビティ・ビークル」と説明)のイメージ画像のみ公開している。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

    中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  2. 【実燃費対決】歴代 GT-R が叩き出した意外な数字とは

    【実燃費対決】歴代 GT-R が叩き出した意外な数字とは

  3. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

    テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  4. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  5. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  6. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  7. 【メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジー】いかにして自動車を未来に存続させるか?

  8. リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップは三洋電機

  9. ヒュンダイの「プリウス ハンター」、アイオニック 全貌公開…目標はHV世界最高燃費

  10. アウディ、EVで新車攻勢…2018年から毎年新型車投入へ

アクセスランキングをもっと見る